宮益坂クリニックの鼻先の整形(鼻中隔延長、だんご鼻解消) 宮益坂クリニックの鼻先の整形(鼻中隔延長、だんご鼻解消)
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で鼻の整形
  4. 鼻先の整形(鼻中隔延長、だんご鼻解消)

宮益坂クリニックの鼻先の整形のこだわり

宮益坂クリニックの鼻先の整形(鼻中隔延長、だんご鼻解消)

日本人の鼻は西洋人と比べて鼻先が低く、横に広がっています。
そのため、いわゆる“だんご鼻”や鼻先の丸みでお悩みの方も多く、当院にも改善を求める患者様がたくさん来院されています。

鼻を形成するフレームワーク

鼻を形成するフレームワーク(骨格)は主に4つあり、目と目の間の硬い鼻骨(①)、そこから鼻先に向かって左右2つずつの軟骨(②,③)と鼻の中心に1つの軟骨(④)という構成になっています。
鼻先は軟骨の上に厚みのある皮膚がのっている状態なので、軟骨の強度が不足していると支えきれずに鼻先が低くなってしまいます。

それだけに、鼻先の手術では土台をどのように整えるのか、まさに“土台づくり”が重要なのです。
当院では、手術前の診察で鼻中の強度のしっかり確認しつつ、患者様の理想の鼻のイメージを共有した上で最適な手術方法をご提案しています。

鼻先の整形の症例写真

鼻中隔延長術+鼻尖縮小+鼻背細片軟骨移植の症例写真

鼻中隔延長術+鼻尖縮小+鼻背細片軟骨移植の症例写真(術前)
Before
鼻中隔延長術+鼻尖縮小+鼻背細片軟骨移植の症例写真(術後)
After

「鼻尖の向きを下向きに変えつつ高くしたい」「鼻背は直線的ではなくやや反った感じ(下に凸)にしたい」という患者様です。
もともと鼻尖部が上を向いているのと鼻柱が短いため、鼻尖を高くして下向きにすることにしました。
まず、鼻根部から眉間にかけて注入されていたヒアルロン酸を溶かし、元の状態にしてから鼻中隔延長+大鼻翼軟骨の形成を行いました。その後、耳介軟骨を三枚重ねで移植して鼻尖の高さを出し、軟骨性の斜鼻の改善にspreader graftを行いました。
3カ月たち、鼻先は下に向きつつ、鼻筋が通って自然な反りも出ました。
Afterは3カ月後です。

費用:鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨) 500,000円
鼻尖形成術(軟骨移植と併用) 450,000円
鼻背部 細片軟骨移植術 400,000円
リスク:腫れ、内出血、鼻閉、左右差、後戻り、感染、軟骨の浮き出し

鼻先の整形の施術内容

鼻中隔延長術

鼻中隔延長術

軟骨を移植して鼻の穴を仕切っている鼻中隔を延長する手術で、鼻先を下に向けてたり、鼻の穴を目立たなくしたり、短い鼻を長くしたり、鼻柱を伸ばしたりする効果があります。
手術には耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨のいずれか、または複数を用います。
患者様が希望される鼻の形はもちろん、元の鼻の形や軟骨の状態、これまでの手術歴などをうかがいながら、採取先を含め最適な方法をご提案します。

耳介軟骨

耳の軟骨の一部を切って鼻に移植する方法です。耳の裏から採取しますので傷跡はほとんど目立ちません。
耳介軟骨自体はとてもやわらかく強度がありませんが、軟骨の細工を工夫することによって安定性を高めることができます。

肋軟骨

肋軟骨はバストの下あたりを3㎝程度切開して採取します。
大きく強度がある軟骨が採取できるので、形を大きく変えたい方に向いていますが、胸を切開するので傷跡が残ってしまいます。
鼻の手術を何度か行っていて他に採取先がないときや、現在の鼻のフレームワークが複数回の手術によって大きく変形している場合に適しています。

鼻中隔軟骨

まっすぐで強度があるため、とても使用しやすい軟骨です。
鼻中隔延長術では鼻中隔軟骨を露出しますので、鼻中隔延長術の手術のついでに採取でき、他の場所を切開しないですむ点がメリットと言えるでしょう。
しかし、場合によっては鼻中隔が小さくて必要な長さが確保できないことがあると同時に、無理して大きく採ると“土台”の強度が弱まってしまう可能性があります。

鼻尖縮小術・鼻尖形成術(だんご鼻解消)

鼻尖縮小術・鼻尖形成術(だんご鼻解消)

鼻尖縮小術・鼻尖形成術は、だんご鼻や丸みの目立つ鼻を改善し、鼻先をシャープにする手術です。
当院では、軟骨を鼻尖に移植する方法、左右の大鼻翼軟骨を糸で縫合して引き寄せる方法、その両方を組み合わせる方法などを採用しています。

軟骨移植でも、糸による縫合でも、極端に鼻先を縮小しすぎたり、尖らせたりすると鼻翼との境界が目立ちすぎてピンチノーズ(鼻先をつまんだような尖った状態)になってしまいます。
そうならないためにも、患者様の鼻先の骨の状態や皮膚の厚みをしっかり把握し、バランスをみながら形づくることを心がけています。

軟骨移植

軟骨移植はご自身の軟骨を採取して鼻先に移植するものです。
脂肪などの皮下組織が多い場合には、一部を切除した上で軟骨を使って高さや形を整えます。
主に耳のなかにある「耳介軟骨」を用いますが、鼻のなかの「鼻中隔軟骨」、耳の穴の前側の「耳珠の軟骨」、乳房の下の「肋軟骨」を使うこともあります。

ご自身の軟骨なのでアレルギー反応の心配がなく、感染などのリスクも少ないです。
そして、人工物よりも微妙な調整ができますから、理想の形が実現しやすいと言えるでしょう。
移植した後に組織として生着するので効果は半永久的です。

軟骨縫合による形成術

左右の鼻の穴の上部には大鼻翼軟骨があり、この軟骨が離れていたり、つぶれていたりすると鼻の穴が横に広がってしまいます。
そこで、左右の軟骨を医療用の糸で縫合して距離を縮め、つぶれた鼻尖の高さをだすことで鼻先の形を整えるのが軟骨縫合による鼻尖形成術です。
だんご鼻や丸みの目立つ鼻の改善が目的ですが、さらに数種類の縫合テクニックを用いることによって高さを出すこともできます。

この手術の効果を最大限発揮するにはオープン法といって、鼻柱部を切開する方法がおすすめですが、ちょっとした変化でよい方は鼻腔内だけを切開して行うことも可能です。
その場合は傷が表面からは見えず、ダウンタイムも短いといったメリットがあります。

ただし、鼻先の状態は個人差が大きく、皮脂腺が発達していて皮膚が厚く脂肪もあるという方もいらっしゃいます。
その場合は軟骨を縫合しただけでは理想の形に近づけられないこともあります。
そのような時は、軟骨上の脂肪除去、耳介軟骨の移植、鼻中隔延長を組み合わせて行う必要がありますのでご相談下さい。

鼻先の整形の料金

診療内容 料金(税抜)
鼻中隔延長術 耳介 ¥600,000
鼻中隔延長術 肋軟骨 ¥900,000
鼻中隔延長術 鼻中隔軟骨 ¥500,000
鼻尖縮小術 軟骨幅寄せ ¥300,000
鼻尖形成術 軟骨移植と併用 ¥450,000

鼻先の整形のよくあるご質問

Q鼻先の整形の痛みはありますか?

A

局所麻酔とブロック麻酔をして行いますので、手術中の痛みはありません。
麻酔が切れた後、鈍い痛みを感じることがありますが、鎮痛剤を処方いたしますので、通常は痛みの心配はありません。
それでも万が一、痛みが続く場合は、早めにご相談ください。

Q鼻先の整形は入院や通院は必要ですか?

A

入院は不要です。
軟骨移植の場合、術後3日目に鼻腔内パッキングガーゼを抜去するため来院、1週間後に抜糸のために来院いただきます。
さらに、1か月後、3か月後、6ヶ月後に無料検診を行っていますが、経過に不安がある場合は適時ご相談ください。

Q鼻先の整形のダウンタイムはどれくらいですか?

A

軟骨移植の場合、ダウンタイムは10~14日程度です。
術後1週間はテープで固定が必要です。
内出血は7~10日間ほどで落ち着きます。

Q鼻先の整形の術後、気をつけることはありますか?

A

手術後の鼻は非常にデリケートな状態ですので、できるだけ触らないようにしてください。
シャワー、メイクは当日から、洗顔、洗髪は翌日から可能ですが、患部を避けてください。
また、手術当日~翌日は飲酒を、術後1週間は入浴、激しい運動を控えるようにしてください。
鼻中隔延長術の場合は、術後3日間は眼鏡をかけないでください。

Q鼻先の整形のリスクや副作用について教えてください。

A

軟骨移植はクローズド法で行った場合は鼻腔内に、オープン法で行った場合は鼻柱部に5mm程度の傷跡ができます。
また、切開部分が炎症を起こしたり、細菌感染したりすることがあります。
長期的には、皮膚に緊張がかかるほど鼻尖に軟骨を移植した場合には、軟骨が浮き出したり、傾いたりすることがあります。
当院では、そのようなトラブルが起こらないよう、術前に鼻の状態をしっかり評価して、丁寧な施術につとめています。