名医による二重整形・目元整形 名医による二重整形・目元整形
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で二重整形・目元整形

東京・渋谷で
二重整形・目元整形を
お考えの方へ

目元のお悩みは、老若男女から寄せられることが多いお悩みの一つです。
だからこそ、「お一人おひとりのお悩みに寄り添う姿勢」と「ご希望通りに再現する技術」がクリニックには求められます。

当院は個人院ではありますが、様々な症例に対応が可能です。
お話を伺いながら、最も適した治療方法をご提案いたします。

複合的な手術や修正も得意としているため、他院で悩みが解決しなかった方からもこれまで数多くご相談いただいております。

まずは、あなたのお悩みをお聞かせください。
スタッフ一同お待ちしております。

宮益坂クリニック院長 青井則之 

宮益坂クリニックの
二重整形・目元整形のこだわり

執刀医が行うカウンセリング

東京・渋谷の宮益坂クリニックなら院長による丁寧なカウンセリングで理想の二重へ

通常、美容外科のクリニックではカウンセラーがカウンセリングを行うことも珍しくありません。
しかし当院では、カウンセリングから手術、術後のケアまで一貫して院長の私が対応いたします。

患者様のお悩みを解決し、ご希望を叶えるためには、十分なカウンセリングが必要不可欠です。
二重整形や目元整形は人気の整形部位の一つですが、見た目の印象を大きく左右するパーツ故に、医師との意思疎通が不足すると新たなコンプレックスにつながりかねません。

当院は、渋谷という好立地にありながらも落ち着いた雰囲気のクリニックです。リラックスしてお話をしていただける環境を整えておりますのでご安心ください。

二重整形・目元整形を様々な術式で対応

東京・渋谷の宮益坂クリニックなら様々な術式で二重や目元のお悩みを解決

「二重整形」「眼瞼下垂治療」などよく聞く単語でも、実際の術式を詳しく知らない方は多いのではないでしょうか。
ご自身の中のイメージや術式の名前で受ける施術を決めてしまうのは危険です。クリニックによっては、患者様のご希望のままに治療を行ってしまうために、のちにトラブルにつながるケースもあります。

思いもよらなかった方法でお悩みが解消することもありますので、医師の診断力や技術力は仕上がりを大きく左右します。
私の場合は、一般的には行われていない術式や最新技術の知識をもとに、多数の選択肢から患者様それぞれに最も適した治療をご提案することを心がけています。
術式や治療方法については、詳しくご説明させていただきますのでご安心ください。

他院修正など二重整形や目元整形のやり直しにも対応

東京・渋谷の宮益坂クリニックなら他院修正など目元整形のやり直しにも対応

二重まぶたや目元の整形は需要が高い整形ではありますが、「希望と異なる仕上がりになった」「年月が経って崩れてきた」などのトラブルも多く報告される部位です。
目元は数ミリの差で印象が変わるほど繊細なため、医師の技術で直近だけではなく長期にわたっての維持まで大きく差が出ます。

私は、これまで他院の修正手術も多く担当しています。患者様のご希望に近づけるため、豊富な治療経験や知識を生かして再手術を行っています。
まずはご相談のみでも大歓迎です。お一人で悩む前に、お話をお聞かせください。

二重整形・目元整形の症例写真

二重まぶた埋没法の症例写真

東京・渋谷の宮益坂クリニックの二重まぶた埋没法の症例写真
Before
東京・渋谷の宮益坂クリニックの二重まぶた埋没法の症例写真
After

元々の二重ラインを少し広げる形で、自然な二重幅を二点留めの埋没法で形成しています。
二重ラインを整えることで、目の形までもが美しく整います。

費用:埋没法(2点留め)100,000円
リスク:腫れ、内出血、左右差、糸が透けて見える、糸で止めた部分の皮膚が盛り上がる、糸が取れる・緩むことがある

症例の詳しい解説はこちら

眼瞼下垂症(眉毛下切開術)の症例写真

東京・渋谷の宮益坂クリニックの眼瞼下垂症(眉毛下切開術)の症例写真
Before
東京・渋谷の宮益坂クリニックの眼瞼下垂症(眉毛下切開術)の症例写真
After1
東京・渋谷の宮益坂クリニックの眼瞼下垂症(眉毛下切開術)の症例写真
After2

眉毛のすぐ下を切開し、上まぶたの皮膚を引き上げています。
当院の眉毛下切開では、傷が目立ちにくい切開方法を採用しています。

費用:眉毛下切開術 350,000円(両側)
リスク:腫脹、感染、傷の一時的なあかみ、肥厚性瘢痕、左右差、眉毛が少し下がる可能性、再手術の可能性

症例の詳しい解説はこちら

下眼瞼脱脂+ヒアルロン酸注入の症例写真

東京・渋谷の宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂+ヒアルロン酸注入の症例写真
Before
東京・渋谷の宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂+ヒアルロン酸注入の症例写真
After

膨らみグマの原因となる下まぶたの脂肪(眼窩脂肪)を目の裏側の結膜から除去し、へこみや皮膚のたるみにはヒアルロン酸を注入することで、クマを改善させています。

費用:経結膜下眼瞼脱脂術 250,000円、ヒアルロン酸注射 75,000円
リスク:腫れ、内出血、左右差、脂肪除去直後のくぼみ感、脂肪がわずかに残る可能性、注入直後の凹凸感(0~7日)

症例の詳しい解説はこちら

二重まぶた埋没法

二重まぶた埋没法は、このような方におすすめです。

  • 手軽に二重まぶたにしたい
  • 皮膚を切ることに抵抗がある
  • ダウンタイムがあまりとれない

埋没法とは

東京・渋谷で二重まぶた埋没法なら宮益坂クリニック

埋没法とは、医療用の糸を皮膚の裏側に通し、二重を固定する治療方法です。
二重まぶた整形の中では腫れが最も少ない方法で、一重から二重にするだけではなく、今ある二重の幅をさらに広くしたり、左右差を改善したりすることも可能です。

私の埋没法では、ご希望の二重や瞼に合わせて1~4点留めで行っています。
埋没法はほかにも、軽度のたるみや眼瞼下垂の治療を行うことができます。当院ではその場合、「二重まぶた挙筋埋没法」という方法でも対応しています。

埋没法の他院修正(糸の除去)

埋没法の特徴の一つとして、医療用の糸でまぶたを留めるため、やり直しや修正が可能という点があります。
比較的治療費が安いこともあり、手軽な治療のようにも思えますが、医師の技術で仕上がりに大きく差が出る手術でもあります。

実際に、当院には他院で受けた二重まぶた整形の修正手術を依頼する方も多数いらっしゃいます。
修正手術の症例経験も豊富ですので、埋没法をより美しく整えることが可能です。以前受けた埋没法でお悩みの方は、まずは現状を確認させていただきますので、お気軽にご予約ください。

二重まぶた切開法

二重まぶた切開法は、このような方におすすめです。

  • 埋没法で二重にしても幅が浅くなってしまう
  • まぶたが厚ぼったくて埋没法で二重をつくるのが難しい
  • 二重を永久的に維持したい

切開法とは

東京・渋谷で二重まぶた切開法なら宮益坂クリニック

二重まぶた切開法は、まぶたの皮膚を切開して二重を形成するため、二重幅の自由度が高く、半永久的に維持ができます。
切開の範囲には、傷が目立ちにくくダウンタイムが短い「小切開」と余剰皮膚の切除ができる「全切開」があります。

さらに切開法は、埋没法と異なり「脂肪や筋肉も同時に調整できる」というメリットがあります。
宮益坂クリニックでは、まぶたの脂肪(眼窩脂肪やROOF)を取り除いてまぶたの厚みをすっきりさせることや、眼瞼挙筋という目の筋肉を短縮することで目を開きやすくする手術も行うことが可能です。

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは

東京・渋谷で眼瞼下垂なら宮益坂クリニック

眼瞼下垂とは、上まぶたが下がっていて視野が狭くなる状態です。原因は、加齢やコンタクトレンズの長期間の装着、生まれつきによるものなど様々です。
原因が多様であるからこそ、眼瞼下垂治療では術前の診断が治療方針や術式の決定に非常に重要です。

また、「まだ視野が狭くなるほどではない」「まぶたを開けるのが重いだけ」という場合でも、治療を受けることがおすすめです。目の不調は、頭痛や肩こりなどの身体の不調を引き起こす可能性もあります。
宮益坂クリニックでは、審美性も重視して希望の二重を作成することが可能です。

眼瞼下垂(保険適用が可能な場合)

東京・渋谷で眼瞼下垂(保険適用)なら宮益坂クリニック

当院の治療は基本的には自由診療ですが、眼瞼下垂においては保険適用が可能な場合もあります。
生まれつきの先天性眼瞼下垂、加齢などによる後天性眼瞼下垂の中で、中等度から重度の症状で初めて手術をされる方が当てはまります。
※実際に保険適用が可能かどうかは、医師の判断が必要です。

日本形成外科学会専門医として、難しい症例や最新の術式の研究は常に欠かしません。治療に関してご不安がある方・セカンドオピニオンを求める方もまずは一度ご相談ください。

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣・まぶたのけいれんとは

眼瞼痙攣とは、必ずしも「けいれん(ぴくぴくする状態)」ではありません。まばたきが増えたり、目が開きにくくなったりします。
「まぶしい」「目が乾く」「目がごろごろする」といった自覚症状が表れるため、ドライアイと間違われている方も多くいらっしゃいます。
ドライアイの治療で改善が見られない方は、眼瞼痙攣の可能性が考えられるのです。

眼瞼痙攣の原因は、瞼を閉じる筋肉(眼輪筋)が自分の意思とは無関係に過剰に反応することや、まぶたを開くための筋肉が疲れてしまうことで起こります。
通常は両目に症状が表れますが、まれに片目だけの場合もあります。40歳以上の方がかかりやすく、中でも女性に多いとも言われています。

ミュラー筋 切除術

東京・渋谷で眼瞼痙攣(まぶたのけいれん)なら宮益坂クリニック

眼瞼痙攣の原因となる眼輪筋の異常な反応は、ミュラー筋という別の筋肉からの過剰な刺激が伝わるためだと考えられています。
そのため、ミュラー筋を切除することで、眼瞼痙攣は改善することができます。
宮益坂クリニックでは、皮膚側からミュラー筋の切除を行い、眼輪筋の痙攣を抑えます。

目元の脂肪除去

上まぶたの脂肪取り(上眼瞼脱脂)

東京・渋谷で上まぶたの脂肪取り(上眼瞼脱脂)なら宮益坂クリニック

上まぶたの腫れぼったさは、余分な脂肪を除去することですっきりさせることができます。
まぶたの脂肪には、眼窩(眼球が収まっている部分)の上にある「眼窩脂肪」と、まぶたを開くための眼輪筋と眼窩脂肪の間に存在する「ROOF」と呼ばれる脂肪の2種類があります。

眼窩脂肪は膜に包まれた脂肪で、切除は比較的簡単です。イラストのように1㎜ほどの穴を皮膚に開けることで、引っ張って取ることができます。

さらにまぶたをすっきりさせたい場合は、ROOFの切除がおすすめです。
この脂肪は均一に存在しているため、切り出して切除することとなり、高度な技術が要求されます。
また、腫れや内出血などのダウンタイムも眼窩脂肪の切除に比べて長くなりますが、私の手術では丁寧に切除を行いますので、最低限の症状に抑えています。

下まぶたの脂肪取り(下眼瞼脱脂)

下まぶたの膨らみが気になる方は、上記でご紹介した「眼窩脂肪」の眼球の下側部分が前に出てきている状態です。
涙袋の下に膨らみができると、影ができてしまい、メイクで隠せないクマとなってしまいます。

こうした下まぶたの膨らみは、年齢を重ねるとともに眼窩の周囲の組織量が減ることが原因です。
眼窩脂肪が膨らまないように覆っている組織や、下まぶたの皮膚を支えている支持組織なども次第に緩んでしまいます。

当院では、まぶたの裏側の結膜という部分を5~8㎜程度切開して眼窩脂肪を切除します。
皮膚を切らないため、術後の傷跡が目立たないだけではなく、ダウンタイムも短くなることが特徴です。

脱脂を行った後、ヒアルロン酸注入や脂肪移植を行うことで、より自然なクマ治療が可能になります。

下まぶたのクマや膨らみ(ハムラ法・裏ハムラ法)

眼窩脂肪による下まぶたの膨らみだけではなく、膨らみの下のくぼみや皮膚のたるみがある場合はハムラ法という術式で凹凸を整えます。
ハムラ法は、下まぶたのキワから2㎜下の皮膚を切開し、たるみを切除するとともに、膨らみの原因となっている眼窩脂肪を下方に引き出してくぼみの部分に移動させます。膨らみとくぼみの両方を改善できる方法です。

また、私は「裏ハムラ法」でも対応することが可能です。
皮膚のたるみはそれほど気にならない方や、傷跡を残したくない・ダウンタイムをなるべく短くしたい方におすすめです。
まぶたの裏側(結膜側)を切開して眼窩脂肪を移動させるため、切開が可能な幅が狭く、表の皮膚側からよりも難しい手術となるため、扱っているクリニックは少数です。

目元のたるみ除去

上まぶたの二重ライン切開

「たるみが気になる」「二重にしたい」というお悩みは同時に解決することができます。
宮益坂クリニックでは、上まぶたのたるみ除去と二重の形成を1回の手術で完了させることが可能です。
先に二重の位置を決めてから、そのラインに沿って余剰皮膚を切開します。
きれいに縫合すれば、傷跡が目立たないすっきりとした目元が完成します。

眉毛下切開

「一重のままたるみだけ解消したい」「今の二重の印象を変えたくない」「バレにくいたるみ除去が希望」という方には、眉毛のすぐ下を切開する眉毛下切開がおすすめです。 目と眉が近づき凛々しい印象になることが特徴です。加齢で二重幅が狭くなった方や男性に特に人気があります。

眉に沿って切開するため、傷跡は目立ちにくく、自然なリフトアップが可能です。 また、二重ラインでのたるみの切除よりもダウンタイムは短くなります。

下まぶたの皮膚の切除

東京・渋谷で下まぶたのたるみ除去なら宮益坂クリニック

下まぶたの皮膚のたるみは、イラストのように下まぶたのキワから2㎜下の皮膚を切開し、たるんだ皮膚を切除することで解消します。
下まぶた自体がゆるんでたるんでいる場合は、目の周りの筋肉である眼輪筋の外側を、目が収まっている眼窩という部分の外側の骨膜に縫合することで、リフトアップも同時に行うことができます。
下まつ毛に沿って切開するため、抜糸を終えるころには傷跡もほとんど分からないほど馴染みます。
宮益坂クリニックでは、余分な脂肪の除去も同時に行うことができますので、目元の印象をより若々しくすることが可能です。

その他の目元整形

目頭・目尻切開

東京・渋谷で目頭・目尻切開なら宮益坂クリニック

目頭・目尻切開は、目を横方向に大きくする手術です。
内側に大きくする場合は目頭切開、外側に大きくする場合は目尻切開を行います。
目頭切開を行うと両目の間隔が狭くなりますので、もともとの目頭の距離によってどの程度切るかが決まります。
目頭か目尻かどちらを切開すれば自然な仕上がりになるのかは、全体のお顔立ちによっても異なりますので、カウンセリングではシュミレーションをしながらアドバイスを行います。

また、目頭切開には様々な術式がありますが、私は自然な仕上がりを重視しているため、傷が目立ちにくい方法を採用しています。

下眼瞼下制術(たれ目・グラマラスライン形成)

下眼瞼下制術とは、たれ目形成やグラマラスライン形成とも呼ばれています。
下まぶたの目尻側のラインを下げることで、緩やかなカーブをつくり、より大きく優しい目元にすることが可能です。
下まぶたの結膜側(裏側)や、まぶたのキワの皮膚を切開して、下まぶたの先にある硬い瞼板という部分にCPF(下まぶたの筋肉と瞼板をつなぐ膜)を縮めて固定します。
下に引き下げて固定をするこの方法は、上まぶたを引き上げて固定する眼瞼下垂治療と上下が逆とイメージしていただくと分かりやすいでしょう。

逆さまつげの改善

逆さまつげ(内反症)とは、本来外側を向いているまつげが眼球に触れてしまっている状態です。放っておくと、眼球の角膜や結膜などに傷がついてしまいます。

生まれつきの逆さまつげの方に多いのが、「睫毛内反」です。まぶたの皮膚が厚いことで、まつげが目に向かって押されている状態です。
また、「眼瞼内反」という加齢によってまぶたの張りが失われることで起こる逆さまつげもあります。まぶたが内側にひっくり返ることで、まつげが眼球に当たってしまいます。

私は術後の腫れが少ないことから、どちらの場合も医療用の糸を通して固定する埋没法で対応しています。

ヒアルロン酸注射による涙袋形成・クマ治療

東京・渋谷で涙袋形成・クマ治療なら宮益坂クリニック

目を大きく見せるためには、下まぶたの印象も重要です。
涙袋があると、下方向へ目を大きく見せるだけではなく、小顔効果や面長を緩和させる効果があります。
また、普通は笑わないと目立たない涙袋が無表情でもあることで、いつも微笑んでいるような明るい印象を与えることができます。
こうした涙袋は、柔らかいヒアルロン酸を注入することで形成します。

同じく、下まぶたを暗く見せてしまうクマをなくすことで、目元の印象が明るくなり瞳がより美しく見えます。
目の下の凹みが影を作っているクマの場合は、ヒアルロン酸注射が有効です。
繊細な技術が必要な目元の注射治療も、独自の注入法や豊富な種類の注入剤を用いながら丁寧に行っています。

二重整形・目元整形の料金

診察料

診療内容 料金(税抜)
初診料※1 ¥3,000
再診料※2(30分) ¥1,000
再診料※2(60分) ¥2,000

※1 施術を当日にご契約いただいた場合は無料になります。
※2 再診料とは、2回目以降のご相談、新しい施術のご相談の際にかかる診察料です。ご契約中の施術の通院には再診料はかかりません。
同一施術で4回以上のカウンセリングを行う場合は、30分¥10,000かかります。

麻酔料

診療内容 料金(税抜)
局所麻酔 ¥5,000
静脈麻酔 ¥50,000
全身麻酔 ¥200,000

※ 痛み・内出血をより軽減させる針を使用希望の場合は別途2,000円かかります。

二重まぶた埋没法

診療内容 両目料金(税抜)
二重まぶた 埋没法(1点留め) ¥8,0000
片目 ¥64,000
二重まぶた 埋没法(2点留め) ¥100,000
片目 ¥80,000
二重まぶた 埋没法(3点留め) ¥120,000
片目 ¥96,000
二重まぶた 埋没法(4点留め) ¥140,000
片目 ¥112,000
二重まぶた 挙筋埋没法 +¥40,000
二重まぶた 埋没法の糸抜去(他院修正) 基本料金 ¥20,000
二重まぶた 埋没法の糸抜去(他院修正) 片目1点につき +¥20,000
34G極細針(ご希望の場合) ¥2,000

二重まぶた切開法

診療内容 両目料金(税抜)
二重まぶた 小切開(傷が目立たない) ¥200,000
二重まぶた 全切開(余剰皮膚も除去) ¥300,000
二重まぶた 全切開+脱脂(眼窩脂肪) ¥380,000
二重まぶた 全切開+ROOF切除 ¥400,000
二重まぶた 全切開+眼窩脂肪+ROOF切除 ¥480,000
二重まぶた 全切開+挙筋短縮 ¥500,000
ROOF切除 ¥100,000
上眼瞼脱脂術 (眼窩脂肪除去のみ) ¥120,000

眼瞼下垂

診療内容 両目料金(税抜)
眼瞼下垂(軽~中程度) 挙筋前転術 ¥350,000
眼瞼下垂(軽~中程度) 眼輪筋移植術 ¥450,000
眼瞼下垂 筋膜移植術 ¥550,000
先天性眼瞼下垂症 修正 ¥350,000
先天性眼瞼下垂症 初回(小学生以上) 保険
重度眼瞼下垂 視覚機能に異常あり(視野が狭い方) 保険

眼瞼痙攣

診療内容 両目料金(税抜)
眼瞼痙攣 ミュラー筋切除術 ¥350,000

上眼瞼たるみ除去

診療内容 両目料金(税抜)
上瞼たるみ除去 眉毛下切開法 ¥350,000
上瞼たるみ除去 重瞼ライン切開法 ¥300,000

下眼瞼たるみ除去

診療内容 両目料金(税抜)
経結膜下眼瞼脱脂術(眼窩脂肪除去) ¥250,000
経結膜下眼瞼脱脂術+眼窩脂肪移植 ¥370,000
下眼瞼皮膚切除(たるみ除去) ¥300,000
下眼瞼皮膚切除+眼窩脂肪除去 ¥350,000
ハムラ法(下眼瞼皮膚切除+眼窩脂肪移動術) ¥350,000
裏ハムラ法(経結膜眼窩脂肪移動術) ¥400,000

その他

診療内容 両目料金(税抜)
目頭切開/目尻切開 ¥250,000
下眼瞼下制術(たれ目形成・グラマラスライン) ¥350,000
眼瞼内反・睫毛内反(逆さまつげ) ¥150,000

よくあるご質問

Qコンタクトレンズはいつから使用できますか?
A

施術後すぐにご使用いただけますが、ゴロゴロとした異物感が出る方もいらっしゃいますので、1週間程度おいて症状が落ち着かれてからご使用になることをおすすめします。

Q二重術は当日にできますか?
A

カウンセリングでご納得いただけましたらその日のうちに施術可能です。ご予約の際に当日施術のご希望をお伝えください。

Q手術と聞くと痛みが不安です。
A

宮益坂クリニックでは、3種類の麻酔をご用意しております。手術中の痛みを感じることはありません。痛みが少ない針に変更も可能(有料)ですので、お気軽にお声かけください。

Q保険適用の手術はできますか?
A

中~重度の眼瞼下垂の場合のみ、健康保険が適用できる場合があります。詳しくはカウンセリング時にお問い合わせください。
また、保険診療のお支払いは現金のみとなります。

Q他院で受けた手術の結果に満足できませんでした。修正は可能ですか?
A

可能です。高い技術レベルを要求される修正術もご相談ください。臨床経験も豊富ですので、まずはカウンセリングにお越しください。