Eyes二重整形・目元整形

  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で二重整形・目元整形

目の形は顔の印象に最も影響を与えると言われています。
楽しいとき、悲しいとき、怒っているときの目の形は口以上に物を言う存在であり、表情さえも司っています。
そんな目についてのお悩みがありましたら、ご相談下さい。
疲れていないのに“疲れているの?”、怒っていないのに“怒っているの?”と言われたりするのは目やその周囲の形態が原因かもしれません。

二重にしたい

当院では二重の手術は糸で止める埋没法と切開してラインを作る切開法を行っています。
毎日アイプチをしていると皮膚が伸びてきてたるみの原因になりますし、お化粧に時間がかかってしまいます。アイプチから解放されたい方、二重のラインの左右差をなくしたい方、今より二重の幅を広げて華やかな目にしたい方にお勧めです。

二重術・埋没法

図:埋没法

二重瞼術のなかでは腫れが最も少ない術式です。手軽に二重まぶたにしたい方、皮膚を切ることに抵抗のある方にお勧めです。
今ある二重の幅をさらに広くしたり、左右差を改善したりすることもできます。
その他の治療として、まぶたのたるみが軽度の方に二重の幅を広くすることでたるみを和らげることができたり、まぶたを開ける筋肉を糸で引き寄せて眼瞼下垂の治療を行うこともできます。

二重術・切開法

図:切開法

埋没法で二重にしてもすぐに幅が浅くなってしまう方、眼瞼が厚ぼったくて埋没法で二重をつくるのが難しい方、長期に二重を維持したい方にお勧めです。皮膚を切開しますので、同時に他の手術を併用できる利点があります。
例えば、まぶたの脂肪(眼窩脂肪やROOF)を取り除いてすっきりしたまぶたを作ることや、目頭や目尻切開を併用して目をさらに大きくすることなどが可能です。

目を大きくしたい

目を大きくする場合はどの方向にどれだけ大きくすると似合うのかを考える必要があります。
患者様にシュミレーションを行い、美しさを最大限引き出せるようにアドバイスをさせて頂きたいと思います。

目頭・目尻切開法

図:目頭・目尻切開法

目を横方向に大きくする方法です。内側に大きくする場合は眼頭切開、外側に大きくする場合は目尻切開を行います。
目頭切開を行うと両目の間隔が狭くなりますので、もともとの目頭の距離によって適応が決まります。
どの術式で目を大きくすると自然な仕上がりになるのかは一人ずつ違ってきますのでシュミレーションしながら
アドバイスをさせて頂きます。また、目頭切開はさまざまな術式がありますが、当院では自然な仕上がりを重視していますので傷が目立ちにくい方法を採用しています。

眼瞼下垂(保険適用)

うわまぶたが下がっていて、視野が狭くなっている中等度から重度の方は保険適応で手術致します。
原因として大きく2通りあり、腱膜性および筋性のものがあります。
うわまぶたを挙上するメインの筋肉(上眼瞼挙筋)とまぶたの先端付近にある硬い結合組織(瞼板)は挙筋腱膜という組織で橋渡しされており筋肉が収縮するとまぶたに力が伝わり、開くようにできています。
この挙筋腱膜が瞼板からはずれかかって弱くなり、上眼瞼挙筋が収縮してもその力がまぶたに伝わらない場合を腱膜性眼瞼下垂と言います。また、上眼瞼挙筋自体の収縮が弱くなっている場合は筋性の眼瞼下垂と言います。
加齢によるものやコンタクトレンズを長年装着していることによるものなどが腱膜性の眼瞼下垂で、生まれつきまぶたが開かない先天性眼瞼下垂は筋性のものになります。ただし、両方の要素を持つものもあり、術前の診断が術式の決定に大切になります。

また、特殊なものとしてアトピー性皮膚炎でまぶたをこすることが多かった場合に生じるものや重症筋無力症(自分の体で産生される抗体がまぶたを挙げる筋肉を攻撃してしまう)という難病に伴うもの、動眼神経という神経の麻痺に伴うものなどもあります。
腱膜性の手術は筋肉の収縮がきちんとまぶたに伝わるように挙筋腱膜を修復したり、さらに前方にひっぱってきて瞼板に縫い付ける方法(挙筋前転術)を行います。
まぶたを開ける作用をする筋肉の一つに眉毛を上げる前頭筋という筋肉があります。。
筋性の場合の手術はこの筋肉の力がまぶたに伝わりやすくするために瞼板と眉毛の間に太ももや側頭部から採取した筋肉の膜を皮膚の下に移植して橋渡しする方法(筋膜移植術)を行います。

眼瞼下垂(自費)

まだ視野が狭くなるほどでなくてもまぶたを開けるのが重い場合でも手術をお勧めします。
眼瞼下垂の症状はまぶたの重さだけでなく、頚や肩のコリや、頭痛、まぶしさ、鬱など多岐に及ぶことがあり、実はこれらの随伴症状も眼瞼下垂の治療により改善する可能性があります。。
軽度の方の場合は眉毛下の皮膚を切除するとまぶたを開けるのが軽くなります。
また、二重のラインで皮膚切除することで、希望の二重を作成することができます。
軽度の眼瞼下垂があっても、二重の幅や希望する目の印象がある場合、糸による切らない眼瞼下垂症治療を希望される場合などは自費による治療を行います。

目の上のたるみをとりたい・
厚ぼったいまぶたを改善したい

まぶたの脂肪取り

図:まぶたの脂肪取り

厚ぼったいまぶたを改善する場合には、上まぶたの脂肪を切除します。
脂肪は2種類あって、眼窩脂肪と眼輪筋と眼窩脂肪の間に存在するROOFと呼ばれる脂肪があります。
眼窩脂肪は膜に包まれた脂肪でこれを切除すると朝起きた時にまぶたのはれぼったさが解消します。特に前日にお酒を飲んだ場合などにその効果が実感できると思います。
眼窩脂肪の切除は比較的簡単で、1㎜ぐらいの穴を皮膚に開ければ引っ張ってつるっと取れるため、埋没法の手術などと併用できます。
さらにすっきりしたい場合にはROOFの切除をお勧めします。この脂肪は均一に存在するため、切り出して切除することになり高度な技術が要求される術式です。また、腫れや内出血斑などのダウンタイムも眼窩脂肪に比べて長くなります。

二重ラインでの切開法

まぶたのたるみをとりつつ、希望の二重の幅を作成する場合には二重の位置を決めて余剰皮膚を切開します。

眉毛下皮膚切除法

男性に多いですが、もともと一重まぶたで一重のままたるみの切除を希望される方、現在の二重の印象をあまり変えたくない方、二重ラインでの切除よりもダウンタイムを短くしたい方にお勧めです。
眉毛下の皮膚を切除します。

目の下のたるみをとりたい・
目の下のクマを改善したい

下まぶたの皮膚切除法

図:下まぶたの皮膚切除法

下まぶたのきわから2㎜下の皮膚を切開し、たるんだ皮膚を切除します。
下まぶたがゆるんで下垂している場合には外側の眼輪筋を眼窩外側の骨膜に縫合して下まぶたのリフトアップも同時に行います。

下まぶたのくま治療

下まぶたの膨らみが気になる方は下まぶたに存在する眼窩脂肪を切除します皮膚を切らずにまぶたの裏側の結膜という部分を5-8㎜程度切開して眼窩脂肪を切除します。皮膚を切らないのでダウンタイムは短くなります。
膨らみの下のくぼみも同時に気になる場合にはヒアルロン酸の注入やくぼみの部分に脂肪を移植する方法があります。

ハムラ法

目の下のクマの状態が膨らみとその下のくぼみ、さらに皮膚のたるみがある場合にこの方法を行います。
下まぶたのきわから2㎜下の皮膚を切開したるみを切除するとともに、膨らみの原因となっている眼窩脂肪を下方に引き出してくぼみの部分に移動させ、膨らみとくぼみの両方を改善します。

施術の流れ

STEP.1 カウンセリング

カウンセリングはすべて院長の青井が対応します。
患者様のご要望をじっくりとお聞きした上で、最良の治療をご提案します。また治療の流れやアフターケアなどについても詳しくご説明します。
初診のカウンセリングには十分な時間を確保しておりますので、気になることやご質問など、お気軽になんでもお聞きください。

STEP.2 術前シミュレーション

術前シミュレーションでは、カウンセリングでお聞きしたご希望のデザインを院長が細部までしっかりと確認します。患者様にご納得いただけましたら治療を開始いたします。

STEP.3 施術

施患者様の体調を優先し、安全で負担の少ない施術を行います。施術前に局所麻酔を行いますので痛みはほとんど感じません。施術中にデザインの確認を行いながら進行します。

STEP.4 アフターケア

施術後は、数日〜数週間で経過を診察いたします。
その間にも気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。アフターケアは無料です。

よくあるご質問

Qコンタクトレンズはいつから使用できますか?
A

施術後すぐにご使用いただけますが、ゴロゴロとした異物感が出る方もいらっしゃいますので、1週間程度おいて症状が落ち着かれてからご使用になることをおすすめします。

Q二重術は当日にできますか?
A

カウンセリングでご納得いただけましたらその日のうちに施術可能です。ご予約の際に当日施術のご希望をお伝えください。

Q他院で受けた手術の結果に満足できませんでした。修正は可能ですか?
A

可能です。高い技術レベルを要求される修正術もご相談ください。臨床経験が豊富な院長が対応いたします。ぜひカウンセリングにお越しください。