東京都渋谷区でヒアルロン酸注射 東京都渋谷区でヒアルロン酸注射
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区でヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸注射は、手軽な注射治療でお顔のお悩みを解消することができる治療です。
注入する「ヒアルロン酸」は、もともと人体に存在する成分のため、アレルギーが発生する心配がなく、ダウンタイムもほとんどありません。
そのため、世界的にも皮膚皮下組織への注入剤として多く利用されています。

しわやたるみ治療はもちろん、お顔全体の印象を変えることも可能です。
大掛かりな外科手術に踏み出す勇気がないという方でも、注射であれば施術を受けてみようと思われる方が多いです。
また、鼻・顎・額への注入は、手術前に仕上がりのイメージを掴むことができる施術でもあります。

ヒアルロン酸溶解(ヒアルロニダーゼ)

当院では、他院で注入したヒアルロン酸を溶かす施術も行っています。溶かした後に再度ヒアルロン酸を注入することで修正が可能です。 一度ヒアルロン酸注射を受けたことがある下記のような方におすすめです。

  • 理想と違う状態になってしまった
  • 年月の経過で修正したくなった
  • もう少し控えめにしたい
  • 他の部位とのバランスを調整したい

宮益坂クリニックの
ヒアルロン酸注射のこだわり

注入方法にこだわるヒアルロン酸注射

東京・渋谷の宮益坂クリニックのヒアルロン酸注射はなりたい理想に合わせて注入箇所をご提案

例えば一言で「鼻を高くしたい」と言っても、鼻のどの部分に注入すれば美しいバランスになるかは、患者様それぞれで異なります。
カウンセリングから注射施術まで、院長の私が一貫して担当することで、入念な打ち合わせの上で理想を実現することが可能です。

ヒアルロン酸注射は一見簡単な治療のように思えますが、注入箇所の判断や注入剤の量、注入方法などによって、仕上がりは大きく異なります。
豊富な治療経験を生かし、独自の注入法や注入箇所の工夫で、患者様お一人おひとりに合わせた治療をご提案させていただきます。

しわ治療から輪郭の修正まで対応

ヒアルロン酸注射と言えば、ほうれい線などしわへの注入をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
当院では、こうした「定番部位」への注入に加えて、こめかみや額、頬の外側などの部位への注入も対応しています。

患者様によってお悩みは様々です。お悩みの原因を根本から解消し、ご希望の状態の実現ができるよう、細やかに対応を行っております。まずはお気軽にご相談ください。

厳選した7種類のヒアルロン酸

宮益坂クリニックでは、厚生労働省から認可を受けている注入剤を始め、計7種類のヒアルロン酸をご用意しております。
多くのクリニックで使用されているアラガン社の「ジュビダームビスタ」に加えて、スイスのテオキサンラボラトリー社製の「テオシアルシリーズ」も導入しています。
いずれも私がこれまでの臨床経験から安全性と効果を両立できると判断した製品のため、ご安心ください。

注入剤は患者様のご希望も受け付けられますが、注入部位や仕上がりに合わせて最適なものをおすすめしております。気になることやご不安な点は、遠慮なくカウンセリングでお尋ねください。

薬剤の種類 注入剤の名称 主な特徴
テオシアル
シリーズ
RHAシリーズ 皮膚と馴染みやすく、細かいしわや浅いしわでも治療しやすい。
リデンシティⅡ 注入剤の質感が柔らかいゲル状のため、ヒアルロン酸注入が難しい目元に特化している。
ウルトラディープ ほうれい線やマリオネットライン・ゴルゴラインなど、深いしわのリフトアップに有効。
ジュビダーム
ビスタシリーズ
ウルトラ
ウルトラプラス
ほうれい線などの深いしわや、鼻や顎、輪郭の形成に最適。なめらかに注入ができ、形を形成しやすい。
ボリューマ こめかみや輪郭の凹みなど、注入箇所のボリュームアップに有効。新しい製造法で作られた最高峰のヒアルロン酸で効果が長く持続できる。
ボルベラ 口元や目元の浅いしわを始め、デリケートな唇の注入にも向いている。新しい製造法で作られた最高峰のヒアルロン酸で効果が長く持続できる。
ヒアルロン酸溶解 ヒアルロニダーゼ 5日〜1週間で抜糸

ヒアルロン酸注射の
対象部位

顔へのヒアルロン酸注入

当院のヒアルロン酸注射では、下記のようなお顔の悩みを改善できます。

ヒアルロン酸注射の顔の施術
  1. ほうれい線
  2. マリオネットライン
  3. ゴルゴライン
  4. 頬がこけている
  5. 涙袋
  6. 下まぶたのクマ
  7. 鼻が低い
  8. 薄い唇
  9. 顎がない
  10. 額が平坦
  11. こめかみがへこんでいる
  12. 上まぶたのくぼみ

ヒアルロン酸注射で
しわ・たるみ治療

しわ治療(ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴライン)

ヒアルロン酸注射でほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴラインの治療

小鼻から口角にかけてのほうれい線や、顎のマリオネットライン、頬前面のゴルゴラインは、自力ではなかなか解消できるものではありません。
こうした深いしわは、弾力を失った肌が重力によって垂れ下がることや、皮下組織や骨の萎縮で目立つようになります。

ヒアルロン酸注射によって皮下組織のボリュームを補い、内側から皮膚のたるみを持ち上げると、ハリが出てしわの目立たない若々しい印象にすることができます。
また、ヒアルロン酸は保水性が高いため、少量の注入でふっくらとした仕上がりになります。

ヒアルロン酸注射の症例写真(ほうれい線・マリオネットライン)

下記の患者様には、ほうれい線、マリオネットライン、頬の外側に、合計2ccほどヒアルロン酸を注入しています。
頬の外側にも注入することで、顔全体が卵円形に近づき、小顔に見えます。

少量のヒアルロン酸を、少しずつ全体的に注入することで、ほうれい線の改善と輪郭形成を同時に行うことができます。

ヒアルロン酸注射の症例写真(ほうれい線・マリオネットライン)

費用:ヒアルロン酸注射(ジュビダームビスタ ウルトラプラス) 85,000円/1cc(上記症例は2cc使用)
リスク:針穴の赤み、凹凸、アレルギー、動脈塞栓

切らないたるみ治療(顔全体のリフトアップ)

ヒアルロン酸注射で顔全体のリフトアップ治療

ヒアルロン酸注射では、顔のリフトアップも可能です。
こめかみ、頬の外側から耳の前にかけての部分、額など、一見関係のない部位に注入することで、皮膚が自然と外側に引っ張られ、ほうれい線や口角周囲のたるみが改善します。

注入する細かいポイントや注入深度は、医師の知識や経験が非常に重要です。
私は、日本形成外科学会専門医・日本美容外科学会専門医として、患者様のお顔立ちから多角的に判断し、注入箇所を見定めています。

ヒアルロン酸注射で輪郭の整形

切らないフェイスライン治療

ヒアルロン酸注射でフェイスライン全体を整える治療

加齢により皮膚がたるみ始めると、凹凸が目立たなくなるため、顔面は平坦な印象になります。また、卵円形だった輪郭は、頬がこけて雪だるま型になっていきます。
こめかみ、頬の外側、顎、下顎部にヒアルロン酸を注入することで、バランスの取れた卵円形の顔面に近づけることができます。

ただし、ヒアルロン酸の持続期間には限りがあり、自然と吸収されてしまうため、半永久的な効果をお望みの方は脂肪注入がおすすめです。

【当院オリジナル】ヒアルロン酸注射による小顔治療

ヒアルロン酸注射で小顔治療

顔面の輪郭形成と言えば、骨切りなどの大きな手術を思い浮かべてしまいがちですが、当院ではヒアルロン酸注射で小顔に見せる施術を開発しました。
鼻筋と顎のラインを整え、頬やおでこに立体感をもたせることで、顔全体の印象が変わり、小顔に見せることができます。
また、パーツを整えることで相対的に痩せて見える効果もあります。

ヒアルロン酸注射で
鼻・唇・顎の整形

鼻・顎先へのヒアルロン酸注入(プチ整形)

ヒアルロン酸注射で鼻のラインを整える・顎先を作る治療

注入療法による鼻や顎の形成は、脂肪注入よりもヒアルロン酸注射が適しています。
鼻根部(鼻の付け根)から鼻背部(鼻筋)を高くする隆鼻術と、顎の形成を行うことができます。

鼻根部を高くする場合は、眉間の高さが低いと横顔のバランスが悪くなってしまいます。こうした相対的に鼻根部が高い鼻は「アバター変形」と呼ばれています。
私の治療では眉間の部分にも注入することで、バランスを整えています。また、鼻を高くするのに適した硬さのヒアルロン酸を適量使用し、自然な仕上がりを重視しています。

顎の形成は美しい横顔を作るために非常に重要です。
顎を出すと聞くと、顔が大きくなるイメージを持たれる方もいますが、顎への注入で全体のバランスを整えると、かえって小顔に見えます。
ヒアルロン酸の注入はバランスを見て行いますので、ご安心ください。

唇へのヒアルロン酸注入(アヒル口・ボリュームアップ)

ヒアルロン酸注射で唇をふっくらさせる・アヒル口にする治療

ヒアルロン酸注射では、唇もお好みの形にすることができます。
近年流行している中央にボリュームがある唇は、女性らしい艶やかな印象になり、若々しく見せることもできます。
また、以前より人気のアヒル口は、口角を上げる効果やかわいらしい印象を与えることができます。

形までは変えたくないという方も、唇が薄い場合は全体的にボリュームを出すことで、顔の中で唇のパーツが強調され、小顔効果も期待できるためおすすめです。

ヒアルロン酸注射で目元の整形

涙袋へのヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注射で涙袋形成

ヒアルロン酸の注入剤には様々な固さがありますが、涙袋を作るのに適したヒアルロン酸は軟らかいタイプのものです。
涙袋がふっくらしていると目を華やかな印象にすることができます。

また、通常は笑うと涙袋がはっきりしますが、笑っていなくても涙袋があると微笑んでいるような印象を相手に与えることができます。
目元を大きく見せる効果もあるため、二重整形とセットで行うことも多い人気の施術になっています。

しかし、涙袋は最も繊細な注入技術が必要な施術のため、医師によって大きく仕上がりに差が出ます。
私は他院施術の修正経験も多数ありますので、注入したヒアルロン酸を溶かし、納得のいく涙袋になるよう再度注入することが可能です。
また、ヒアルロン酸の注入前に、きれいに涙袋が作れるかどうかを判定することもできますので、ご不安な方もまずはお気軽にご相談ください。

目の下のクマ治療

下まぶたのクマには様々な原因がありますが、目の下がくぼんでいることで影ができているタイプのクマには、ヒアルロン酸注射が有効です。
また、下眼瞼脱脂をされた方に対して、術後のバランスを調整するためにヒアルロン酸を注入する場合があります。

ヒアルロン酸注射の症例写真(目の下のクマ治療)

以下の患者様は、眼窩脂肪(目の下の脂肪)による「膨らみグマ」と眼窩下縁(目の下の骨のキワ)のじん帯による「くぼみグマ」が原因で悩んでおられました。
そのため、下眼瞼脱脂とヒアルロン酸注入を行い、クマ治療を行いました。時間の経過とともにクマがきれいになっていることが見ていただけます。
周囲にもバレにくい程度に少しずつ馴染んでいくこの治療法は、私が開発し、専門誌にも紹介された方法です。

ヒアルロン酸注射の症例写真(目の下のクマ)

費用:経結膜下眼瞼脱脂術(眼窩脂肪除去) 250,000円
ヒアルロン酸注射(リデンシティⅡ) 75,000円/1cc
リスク:腫れ、内出血、左右差、脂肪除去直後のくぼみ感、脂肪がわずかに残る可能性、注入直後の凹凸感(0~7日)

ブログでこの症例の詳細を見る

ヒアルロン酸注射の料金

診察料・処置料

診療内容 料金(税抜)
初診料・再診料 無料
処置料 ¥1,000
カニューレ代(目元注入用) ¥5,000

テオシアルシリーズ

診療内容 料金(税抜)
RHAシリーズ(1本 1cc) ¥65,000
RHAシリーズ(0.5cc) ¥39,000
リデンシティⅡ(1本) ¥75,000
ウルトラディープ(1本 1cc) ¥80,000
ウルトラディープ(0.5cc) ¥40,000

ジュビダームビスタシリーズ

診療内容 料金(税抜)
ウルトラ/ウルトラプラス(1本 1cc) ¥85,000
ウルトラ/ウルトラプラス(0.5cc) ¥51,000
ボリューマ(1本) ¥105,000
ボリューマ(0.5cc) ¥63,000
ボルベラ(1本 1cc) ¥95,000
ボルベラ(0.5cc) ¥57,000

ヒアルロン酸溶解

診療内容 料金(税抜)
ヒアルロニダーゼ(0.5cc)皮内テスト含む ¥20,000
ヒアルロニダーゼ  皮内テストのみ ¥10,000

ヒアルロン酸注射の
よくあるご質問

Qヒアルロン酸注入後の腫れはどのくらいありますか?
A

腫れはほとんど気にならない程度です。
まれに針の跡が残る場合がありますが、術後すぐにお化粧もできますので、ファンデーションでカバーできます。

Qヒアルロン酸注入は当日にできますか?
A

カウンセリングでご納得いただけましたらその日のうちに施術可能です。
ご予約の際に当日施術のご希望をお伝えください。

Qヒアルロン酸とボトックス、しわ治療にはどちらが良いですか?
A

ヒアルロン酸とボトックスでは作用が異なります。ヒアルロン酸は凹みを盛り上げ、ボトックスはしわを作る筋肉を緩めます。
併用することでより高い効果を期待できますが、治療部位や希望される効果によって最善のプランが異なりますので、まずはカウンセリングにお越しください。

Qヒアルロン酸注射は痛いですか?
A

痛みの感じ方には個人差がありますが、当院では施術前にクーリングを行ったり、極細針を使用したりするなど工夫を行っております。
ご不安な方には麻酔の対応も可能ですので、お申し付けください。

Qヒアルロン酸注射の効果はどのくらい持続しますか?
A

注入剤の種類や注入する部位によっても異なりますが、効果は6ヵ月~2年ほど持続します。
その後、徐々に消えていくため、効果が弱くなった際は再度注入することをおすすめいたします。