Eyes二重まぶた切開法

  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で二重整形・目元整形
  4. 二重まぶた切開法

二重まぶた切開法とは

二重まぶた切開法

現在行われている二重術には「埋没法」と「切開法」の2種類があります。
埋没法は医療用の極細糸を皮膚の内側に通して二重を固定する方法で、まぶたを切開しないため施術時間やダウンタイムが短く、術後の傷跡が目立たないことが特徴です。

大掛かりな手術に抵抗がある方に選ばれていますが、時間とともに糸が緩んでしまったり、とれてしまったりする可能性があります。

一方の切開法は、メスによってまぶたを切開し、必要に応じて脂肪や筋肉などを取り除いて二重をつくる方法です。つくれる二重の自由度が高く、二重が半永久的に持続しますので何度も手術をしたくない方に適しています。
なにより、二重をつくるとともに目元のお悩みが改善できるため、まぶたが厚ぼったい方や眼瞼下垂気味の方にとっては、一度の手術で理想の目元が目指せます。

二重まぶた切開法はこんな方におすすめ

切開法は下記のような方におすすめです。

  • 埋没法では元に戻ってしまう方
  • 埋没法を受け、5年以上経過してから二重が浅くなってきた方
  • 二重と同時に厚ぼったい上まぶたも改善したい方
  • 二重の手術は初めてで、何度も繰り返したくない方
  • 逆さまつげの方

ひとつずつ詳しくご説明いたします。

埋没法では元に戻ってしまう方

埋没法を受けたものの、すぐに二重が浅くなってしまう、数回受けたがいつも元に戻ってしまうというケースは、上まぶたが厚ぼったい方や、埋没法によって最大限に二重の幅を広くした方に多くみられます。
上まぶたに厚みがあると糸で縛るだけでは組織を支えきれず、緩みが生じやすくなってしまうのです。
このような方は、目を開けたときに皮膚がしっかり折れ返って二重のラインができるように、まぶたを切開して内部の余分な組織(瞼板前組織)を適度に取り除く処理を行うことで効果が持続します。

埋没法を受け、5年以上経過してから二重が浅くなってきた方

このようなケースでは切開による二重術がベターです。
埋没法の特殊な術式によって“半永久的に持続する”と宣伝しているところもあるようですが、基本的には糸で留めているだけですから、長期的にみると少しずつ緩んでくる傾向にあります。
切開法の場合、元に戻ることはなく、数年ごとのメンテナンスも不要です。

二重と同時に厚ぼったい上まぶたも改善したい方

眼輪筋のすぐ下の脂肪層(ROOF)や、それよりも深い場所にある眼窩脂肪を一部除去することで、まぶたの厚みは改善できます。
ただ、切開による二重まぶた術や目力アップの手術を受けると、まぶたはしっかり持ち上げられるものの、患者様によっては、眉毛を上げる筋肉である前頭筋の緊張がとれて眉毛が少し下がり、まぶたがさらに厚ぼったくなることがあります。これを回避するには、二重まぶた切開法と併せて脂肪切除をお勧めします。

二重の手術は初めてで、何度も繰り返したくない方

二重手術を考える時、多くの方がまず「切開をしない埋没法」を検討されます。それも一つの選択ですが、埋没法は糸で留めるだけですから、時間の経緯とともに外れたり緩んだりする可能性があります。そのため、何度も手術を繰り返したくない方は、初めから二重まぶた切開法を受けておくと安心です。

逆さまつげの方

逆さまつげとは、本来、外側を向いているまつげが内側に向かっている状態です。もともとまぶたが厚い方や、アイテープの使用によってまぶたの皮膚がたるんでしまった方にあらわれやすく、そのままにしていると、角膜を傷つける、目が充血したり、ゴロゴロしたりするなどの症状が出て、場合によっては視力低下を招くこともあります。
二重まぶた切開法は、二重をつくるとともに手術中にまつげの向きを調節することで、逆さまつげも改善できます。

二重まぶた切開法の症例写真

全切開術+瞼板前組織の切除+挙筋腱膜眼輪筋穿通枝の再建の症例写真

全切開術の症例写真(術前)
Before
全切開術の症例写真(術後)
After

まぶたが厚ぼったく奥二重になっているため、広めの二重を希望され、全切開重瞼術を受けた患者様です。
挙筋腱膜眼輪筋枝の再建と眼窩脂肪およびROOFの部分切除を行いました。
Afterは術後3カ月の写真です。

※費用:全切開重瞼術 350,000円
※リスク:腫れ、内出血、血腫、左右差、眉毛が下がる可能性、一時的な開瞼時の違和感、一時的な感覚障害、予定外重瞼線

全切開術+ROOF切除の症例写真

全切開術の症例写真(術前)
Before
全切開術の症例写真(術後)
After

まぶたの厚ぼったさの改善を希望され、全切開術とROOF切除を受けた患者様です。
外側の皮膚およびROOF(脂肪層)の一部切除を行いました。
Afterは術後7カ月の写真です。

※費用:全切開重瞼術 350,000円、ROOF切除術 150,000円
※リスク:腫れ、内出血、血腫、左右差、眉毛が下がる可能性、一時的な幅広の二重、一時的な開瞼時の違和感、一時的な感覚障害、 予定外重瞼線

二重まぶたと一重まぶたの違い

二重まぶたと一重まぶたでは見た目のラインの有無だけでなく、構造そのものが異なります。
ここでは、二重ができる方とできない方の違いをご説明します。

きれいな二重ができるための要素

きれいな二重ができるための要素
きれいな二重ができるための要素

①上眼瞼挙筋の収縮力が強い
②筋層や脂肪層が適度に薄い
③挙筋腱膜の眼輪筋穿通枝が発達している
④まぶたの皮膚がたるんでいない
⑤瞼板前組織が薄い

二重ができないまぶたの特徴

上まぶたに厚みがある

上まぶたの皮膚と皮下組織(筋肉、脂肪など)に厚みがあると、目を開いた時にまぶたが目の奥に引き込まれず、そのまま持ち上がって二重の線ができません。

上眼瞼挙筋の収縮力が生まれつき弱い

まぶたを開く最も強力な筋肉である上眼瞼挙筋の筋肉の収縮力が生まれつき弱いと、まぶたがしっかり持ち上がらず、二重の線もできなくなります。

眼輪筋枝の発達が悪い

二重まぶたの場合、上眼瞼挙筋が瞼板に付着するとともに、一部が枝分かれして眼輪筋に付着します。これを上眼瞼挙筋の眼輪筋枝と言います。エコーを使った私の研究では、一重の方はこの枝の発達が悪いことが多いことがわかりました。

(a)
二重まぶたのエコー写真
(b)
二重まぶたの断面図
(c)
薄い二重まぶたのエコー写真

(a)は標準的な二重まぶたのエコー写真です。
(b)はaをわかりやすく図にしたものです。
(c)はまぶたが厚く、浅い二重の方のエコー写真です。

(a)では赤丸の部分に挙筋腱膜眼輪筋穿通枝がスジ状に描出されていて、青丸内の脂肪層は平均的な厚みです。
一方、(c)では挙筋腱膜眼輪筋穿通枝の発達が悪く、また青丸の部分の脂肪層(ROOF及び眼窩脂肪)に厚みがあります。

以前の手術によって瘢痕組織ができてしまった

まぶたの手術を受けたことがあり、浅い二重になってしまった方は、切開した部分に余分な瘢痕組織ができ、それが硬いために開瞼の抵抗になっている可能性があります。

宮益坂クリニックの
二重まぶた切開法の特徴

患者様の状態に合った切開法のご提案

患者様の状態に合った切開法のご提案

前述のように、二重ができない・できにくい原因はさまざまです。
当院では一重、あるいは奥二重や狭い二重の原因を診断して、その方の状態およびご希望に合った手術をご提案させていただきます。

手術のステップ

1)手術の前に十分なシミュレーションを行い、二重の幅や形(平行型、末広型)を確認します。

2)シミュレーションによって決定したラインで皮膚を切開し、まつげ側の皮膚・眼輪筋・瞼板前組織を適度に除去して薄くすることで、まぶたを開けた時に奥に引き込まれるようにします。

3)まぶたの皮膚の引き込まれ方は上眼瞼挙筋の眼輪筋枝の再建方法で変わります。縫合する部位によって目の開き具合や二重の幅も違ってきますので、調節しながら進めます。

確実な仕上がりをかなえる「袋とじ法」

まぶたは常にまばたきと開閉を繰り返しているので、傷が治癒するまで安静に保つことができません。そのため、幅の広い二重を作成した場合、予想したラインと違うところで皮膚が折れ返ってしまうことがあります。
それを防ぎ、確実に理想の仕上がりを目指すために、当院では、狙ったラインで癒着が完成するまで糸でまぶたを吊り上げる「袋とじ」という方法を取り入れています。

袋とじ縫合

袋とじ縫合

まぶたの裏から眉毛の下まで糸を通して吊り上げる方法です。通常、術後3〜4日固定します。
8mm程度までの二重であれば問題ありませんが、10mmを超える二重を希望される場合は、袋とじ法を検討します。また、予定外重瞼線の修正手術の場合には必要になることが多くなります。

二重まぶた切開法のメニュー・料金

小切開

小切開

目指す二重のラインの一部を小さく切開して縫い合わせる治療です。
切除する範囲が狭いためダウンタイムが短く、術後の傷跡も目立ちません。

全開法

全開法

目指す二重のライン全体を切開して縫い合わせる治療です。
余剰皮膚が除去できるので、まぶたが腫れぼったい方、幅広い二重を希望する方に適しています。

全切開+脱脂

全切開+脱脂

目指す二重のライン全体を切開し、まぶたの上にある眼窩脂肪の一部を切除する治療です。
二重をつくるとともに、まぶたの厚みが改善できます。

全切開+眼窩脂肪+ROOF切除

目指す二重のライン全体を切開し、眼窩脂肪とともにROOF(隔膜前脂肪)を切除する治療です。
二重をつくるとともに、すっきりしたまぶたに改善します。

全切開+挙筋短縮

二重まぶたをつくりながら、眼瞼下垂を改善したい方に適した治療です。
目指す二重のライン全体を切開するとともに、伸びてしまった上眼瞼挙筋の一部を切除し、瞼板に縫い合わせます。

切開法の料金表

診療内容 両目料金(税抜)
二重まぶた 小切開(傷が目立たない) ¥200,000
二重まぶた 全切開(余剰皮膚も除去) ¥300,000
二重まぶた 全切開+脱脂(眼窩脂肪) ¥400,000
二重まぶた 全切開+眼窩脂肪+ROOF切除 ¥480,000
二重まぶた 全切開+挙筋短縮 ¥500,000

二重まぶた切開法のよくあるご質問

Q二重まぶた切開法に痛みはありますか?

A

手術は麻酔をして行いますので痛みはありません。
麻酔時の痛みについてですが、当院では、クーリング、極小針(32G/直径0.23㎜と34G/直径0.18mm)の使用、麻酔薬の中和により、痛みが最小限になるようにつとめています。

Q二重まぶた切開法は入院や通院は必要ですか?

A

二重まぶた切開法の手術は1回の施術で完了します。入院は不要ですが、抜糸のため約1週間後に再来院が必要です。

Q二重まぶた切開法のダウンタイムはどれくらいですか?

A

ダウンタイムは施術内容によって異なりますが、全切開の場合、目立つ腫れやむくみは1週間〜10日ほどかけて徐々に引いていきます。埋没法に比べると腫れやすい傾向があります。
内出血が出た場合には、2週間程度で消失します。
二重ライン上に切開痕ができますが、1〜3カ月ほどで目立たなくなり、約3カ月〜半年かけて安定していきます。

Q二重まぶた切開法は元に戻ったりしませんか?

A

切開法は皮膚を切除して縫い合わせるため、元に戻ることはありません。

Q二重まぶた切開法の術後、メイクやコンタクトはできますか?

A

メイクは患部を除いて当日から可能です。アイメイクは抜糸の翌日から可能です。
また、コンタクトは1週間後から使用可能ですが、強い腫れや内出血がある場合は落ち着いてからの装着をお勧めします。

Q二重まぶた切開法の術後に気をつけることはありますか?

A

シャワーは当日から可能ですが、患部を濡らさないように気をつけてください。
また、洗顔や洗髪は翌日から、入浴・サウナ・運動は1週間後から可能です。
腫れがひきにくくなる可能性がありますので、3日間は飲酒を避けてください。

Q二重まぶた切開法のリスクや副作用について教えてください。

A

施術にあたって細心の注意を払っていますが、手術にはリスクが伴います。
術後の腫れや内出血、むくみなどは時間の経過とともにおさまっていきますが、他にも、一時的にまぶたが閉じにくい、物が見にくい、目が乾燥しやすいなどの症状があらわれることがあります。
術後のケアの方法や対処法をご説明いたしますが、不安や気になる点がございましたらご相談ください。