ワキガ・多汗症治療なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック ワキガ・多汗症治療なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区でワキガ・多汗症治療

ワキガ治療について

日本人は欧米人よりもワキガが少ないと言われていますが、約10%の人がワキガ体質だと言われています。
「ワキガ臭が常に不安」「人と接するのが怖い」など、日々の生活に影響をおよぼすだけでなく、周囲に相談しづらいこともあって、お悩みが深刻化しやすいケースも少なくありません。
ワキガは決して治らないお悩みではありません。お一人で抱え込まず、当院にご相談ください。

ワキガとは

ワキガについて東京・渋谷区の宮益坂クリニックが解説

ワキガは医学的には腋臭症と呼ばれ、汗と皮脂や雑菌が混じり合うことで臭いを発することが主な原因です。
汗を出す汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺は全身に存在し、水分を汗として分泌して体温調節を行う役割を持っています。
アポクリン腺は耳のなか、ワキ、陰部などにあり、こちらがワキガに関わっています。
アポクリン腺から出る汗には脂肪酸が含まれており、皮膚の表面の細菌によって分解されると臭いが生じます。

アポクリン腺は誰にでも存在し、まったく臭いがしない人はいません。しかし、ワキガの方は一つひとつのアポクリン腺が大きく数も多いため、臭いの元となる汗が多量に分泌され、結果として臭いが強くなってしまうのです。

ワキガは遺伝的な要素が強く、生まれ持った体質です。そのため、清潔を保ったり、生活習慣を見直したりすることで多少の予防効果はあるものの、しっかり改善するには医療機関での治療が必要です。

ワキガの治療法

宮益坂クリニックでは、ワキガ治療法のなかでも効果が高く、再発の可能性が低い剪除法を行っています。

剪除法は、ワキの皮膚をしわに沿って切開し、皮膚を裏返して目で確認しながらアポクリン腺を含む皮下組織を切除。その後、皮膚を縫合するというものです。
手術は局所麻酔で行い、術後はガーゼで圧迫固定します。
外科手術のため手術跡を気にされる方もいらっしゃると思いますが、傷跡は徐々に薄くなり、次第に目立たなくなります。

多汗症治療について

汗は体温調節に欠かせない機能ながら、汗染みや多汗で日常生活に支障をきたす可能性があります。
「ワキ汗が気になって好きな洋服が着られない」「周囲の目が気になって仕事に集中できない」「緊張すると大量の汗が出てしまう」など、汗のお悩みは医療の力で緩和させることができます。

多汗症とは

多汗症について東京・渋谷区の宮益坂クリニックが解説

多汗症とは、日常生活に支障をきたすほどの発汗がみられる症状です。
全身に汗が出る全身性多汗症と体の一部に汗が出る局所多汗症があり、さらに、明らかな原因が存在しない原発性多汗症と、病気や服薬が原因の続発性多汗症に分けられます。

多汗症で相談にいらっしゃる方の多くは原発性局所多汗症で、汗腺が多いワキ、手のひら、足の裏、額などに症状があらわれます。精神的な緊張が関係しているとされていますが、はっきりとした原因は究明されていません。
多汗症が大きな精神的負担となってしまう可能性もあります。早めに適切な治療を受けることがおすすめです。

多汗症の治療法

宮益坂クリニックでは、多汗症治療にボトックス注射をおすすめしています。
汗は、アセチルコリンという神経伝達物質が汗腺に信号を送ることで発汗します。ボトックス注射は、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とした薬剤を注射し、神経の情報伝達を遮断して発汗を抑えます。

注射をするだけなので傷跡が残らず、ダウンタイムも短いため、手軽に受けられるのが最大のメリットです。
効果を維持するには定期的な治療が必要ですが、1回の治療費用は抑えることができるため、汗が気になる夏だけなど期間を限定して対策することもできます。
手術に抵抗がある方や、お子様や未成年の方にもおすすめです。

宮益坂クリニックの
ワキガ・多汗症治療のこだわり

患者様の生活に合わせて治療法を提案

宮益坂クリニックのワキガ・多汗症治療のカウンセリングのこだわり

宮益坂クリニックでは、患者様本位の医療の提供につとめています。
ワキガ・多汗症治療においても、入院が不要な治療、傷跡が目立たない治療をご用意するとともに、院長自らカウンセリングを行い、患者様の体質やライフスタイルなどをしっかり把握した上で治療に入ります。

ワキガ・多汗症は日々の生活と密接に関わっているだけに「一回治療をすれば終わり」ではありません。術後の経過まで、個人クリニックだからできるきめ細かい対応を大切にしております。

形成外科学会専門医としての対応力

宮益坂クリニックのワキガ・多汗症治療の施術のこだわり

剪除法を行っているクリニックは数多くあり、なかには「難しい手術ではありません」とうたっているところもあるようです。「目で確認しながら行うから誰でも可能」ということなのかもしれませんが、手術である以上、治療結果や術後の傷の残り方は医師の技術力に左右されます。
ボトックス注射も、注射をするだけのようで、使用する薬剤の量や注入位置によって持続期間に差が出ます。

当院では、形成外科学会専門医としてさまざまな手術を手がけてきた院長が、カウンセリングから施術まで担当いたします。これまでの経験と知識を生かし、安全性と正確性を重視した施術で患者様のお悩み解消をサポートいたします。

ワキガ・多汗症治療の料金

おすすめプラン

ワキガ手術

診療内容 両脇料金(税抜)
ワキガ手術(剪除法) ¥350,000

多汗症治療

診療内容 アラガン
料金(税抜)
リジェノックス
料金(税抜)
ワキ汗を止める ¥80,000 ¥50,000
後頚部の汗止め ¥45,000 ¥35,000

ワキガ・多汗症治療で
よくあるご質問

Qワキガ・多汗症治療はすぐに効果を実感できますか?

A

ワキガ治療の剪除法は、きちんと手術を行えば一回の治療で臭いがほとんど気にならなくなり、後戻りも少ない治療です。効果もすぐにあらわれます。
多汗症治療のボトックス注射は術後2~3日で効果が実感できます。

Qワキガ・多汗症治療はどのくらい続ける必要がありますか?

A

剪除法は一回の手術で治療が完了します。
ボトックス注射の持続期間は約6カ月です。効果を維持したい場合は定期的な施術が必要です。

Qワキガ・多汗症治療に副作用やリスクはありますか?

A

ボトックス注射に重篤な副作用はありません。まれに、注射した部分に赤みや腫れが出たり、体がだるくなったりすることがありますが、どれも一時的で時間の経過とともにおさまります。
剪除法は外科手術ですから、一般的な手術と同じように感染症や化膿のリスクがあります。

Q以前に受けたワキガ・多汗症治療の効果がなくても治療できますか?

A

当院では、他院で治療を受けて再発してしまった方、満足のいく結果が得られなかった方の再治療も可能です。
症状をうかがった上で最適な治療をご提案いたしますので、まずはカウンセリングにお越しください。

Qワキガ手術は入院が必要ですか?

A

剪除法もボトックス注射も入院の必要はありません。
ただし、剪除法は術後の固定や抜糸を行いますので、来院が必要です。

Qワキガ手術は脱毛効果があるのですか?

A

汗腺を除去する際に毛根ごと切り取るため毛量は少なくなりますが、医療脱毛のように完全に毛がなくなるわけではありません。
ワキを清潔に保つためには、脇脱毛はおすすめの対策の一つです。