名医による脂肪吸引 名医による脂肪吸引
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で脂肪吸引

脂肪吸引ほど簡単に誰でもできる割に技術に結果が左右される手術はありません。
根こそぎ全部取ってしまえば皮膚が筋肉に張り付いたようになり、美しくありません。
反対に、吸引する量が少なくては効果が実感できません。絶妙な吸引量をコントロールしながら形態を美しく作っていくのは彫刻などの芸術作品を作ることにも通じ、技術に併せてセンスも必要になります。

脂肪吸引

図:脂肪吸引の対象部位

皮下脂肪を減らして顔面や体形を整える手術です。
顔面であれば、頬、下顎部、顎下の施術が行えます。
体であれば、二の腕、腹部、腰背部、大腿、下腿後面などが可能です。
どれぐらい細くできるかはピンチテストといって皮膚をつまんで皮下脂肪の厚さを調べます。体形は皮下脂肪以外にも筋肉や骨などが関与しており、その内、皮下脂肪だけを減らして形を整える手術ですので、どれだけ減らせるかはこのピンチテストで術前に見積もることができます。

脂肪吸引は直径2-3㎜の細い金属性の管(カニューレ)を使用して行います。
まず、皮膚を7-8㎜切開してカニューレを皮膚の下に挿入し生理食塩水に血管収縮剤が入った液体を注入します。
これにより脂肪が軟らかくなり、吸引しやすくなるとともに血管が収縮し血管や神経を保護することになります。

次にカニューレに陰圧をかけて脂肪吸引を行っていきますが、最初に中間層から深層の脂肪を吸引します。
同じところを吸引すると凹凸が生じますので吸引のストロークを一回一回ずらしながら繊細に吸引していきます。
仕上げは浅層の脂肪吸引です。浅いところの脂肪はダイレクトに表面の形に関わってきますので彫刻を行うように慎重に削っていきます。このときに皮膚のすぐ下の脂肪組織も吸引することで皮膚を少し引き締めることもできます。

術後のケアも大切です。圧迫をして術後の出血予防と吸引後の皮下組織が早く修復されるようにします。

施術の流れ

STEP.1 カウンセリング

カウンセリングはすべて院長の青井が対応します。
患者様のご要望をじっくりとお聞きした上で、最良の治療をご提案します。また治療の流れやアフターケアなどについても詳しくご説明します。
初診のカウンセリングには十分な時間を確保しておりますので、気になることやご質問など、お気軽になんでもお聞きください。

STEP.2 術前

術前には検査を行い、お持ちの持病や常用薬の確認、感染症の有無をチェックします。また、手術までの体調管理について指導させていただきます。

STEP.3 手術

患者様の体調を優先し、安全で負担の少ない施術を行います。まずは、美しく仕上げるために吸引部位を丁寧にマーキングします。手術前に局所麻酔または全身麻酔を行いカニューレを挿入して脂肪を丁寧に取り除きます。
術後は吸引部分を圧迫固定します。麻酔が覚めるまで院内でお休みいただきましたらご帰宅いただけます。
激しい運動は2週間程度お控えください。デスクワークでしたら翌日から行えます。

STEP.4 アフターケア

術後は、1週間程度で抜糸します。2週間程度で腫れが引き、効果を実感いただけるようになりますが、その間に気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。アフターケアは無料です。

よくあるご質問

Q手術の後は残りますか?
A

カニューレの挿入口を切開しますが、目立たないところを数ミリ切開する程度ですので、ほとんど気になりません。

Qリバウンドはしますか?
A

成人の脂肪細胞は一定と言われています。脂肪吸引では脂肪細胞自体を取り除きますので、手術前のようにリバウンドすることはありません。

Q術後の運動はどのくらいでできますか?
A

激しい運動は1カ月間程度お控えください。軽い運動でしたら2週間程度で行えます。