名医による脂肪吸引なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック 名医による脂肪吸引なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で脂肪吸引

脂肪吸引とは

脂肪吸引でリバウンドしにくい身体へ

東京・渋谷の宮益坂クリニックの脂肪吸引でリバウンドしにくい身体へ

脂肪吸引は、二の腕・太もも・あご周りなど、通常のダイエットでは痩せにくい部位の脂肪を直接取り除くことができるため、部分痩せに適した治療法です。

運動や食事制限などのダイエットでは、脂肪細胞のサイズは小さくなりますが、全体の数は変わりません。
そのため、脂肪細胞が再び大きくなると、簡単にリバウンドしてしまいます。

一方で脂肪吸引は、脂肪細胞の数自体を減らすことができるので、施術箇所はリバウンドしにくい状態になります。

医学の進歩でより負担の少ない治療に

脂肪吸引は医学の進歩でより負担の少ない治療に

脂肪吸引は、決して「リスクの少ない治療」とは言えません。
実際に、かつての脂肪吸引は、刃のついた器具によって脂肪を削ぎ落として吸引していたため、血管や神経など周辺の組織を傷つけるリスクがありました。

しかし、現在では医療機器も格段に進化しています。
先端が尖っていないカニューレ(脂肪を吸引するための細い管)を、脂肪組織に挿入するための切開は1cm以下で済み、周辺組織へのダメージも少なくなりました。
さらに、皮下組織に水と血管収縮剤を大量に注入するスーパーウェット法で脂肪組織を柔らかくし、施術時間も短縮できるようになったことで、身体への負担も軽減されています。

脂肪吸引の特徴

「脂肪吸引」と「脂肪溶解注射」の違い

「脂肪吸引」と「脂肪溶解注射」の違い

脂肪吸引の他に、当院で扱っている痩身治療には、脂肪溶解注射があります。
薬剤を注入して脂肪を溶かす治療のため、1回で注入できる量や範囲には限界があり、満足できる結果を得るまで複数回の施術が必要です。
対して脂肪吸引は、1回の施術で効果を実感いただけます。

ただし、ダウンタイムの面では、脂肪溶解注射の方が短く、腫れの程度も1週間前後と軽いことが特徴です。そのため、顔面など限られた範囲の部分痩せには、脂肪溶解注射が適しています。
広範囲の脂肪を取り除きたい方顔面の部分痩せでも1回でしっかりとした効果がほしい方などで、ダウンタイムの期間が確保できるという方には、脂肪吸引の方が合っていると言えるでしょう。

吸引した脂肪の活用(脂肪注入)

吸引した脂肪の活用(脂肪注入)

当院では、吸引した脂肪を「脂肪注入」として別の部位に注入する治療も行うことができます。
顔、胸、手の甲、臀部への注入に対応しています。
痩せたい部位を細くする一方で、必要な部分はボリュームアップができるため、メリハリのあるボディメイクが可能です。
注入可能な部位や必要な料金は、吸引部位のご希望や治療計画によっても異なりますので、カウンセリングの際にご相談ください。

太ももから吸引した脂肪を使った豊胸術を院長ブログにてご紹介しています。

顔の脂肪吸引

脂肪吸引(顔)の対象部位

東京・渋谷の宮益坂クリニックの脂肪吸引(顔)の対象部位
  1. ジョールファット
  2. フェイスライン
  3. あご下

顔の脂肪吸引のポイント

東京・渋谷の宮益坂クリニックの顔の脂肪吸引のポイント

顔にはさまざまな神経が走っています。脂肪吸引時に傷つけてしまうと麻痺や変形が起きかねないため、当院では、丁寧なカニューレ操作によって、神経や太い血管を傷つけずに脂肪を吸引することを第一に考えています。

デザイン面においては、「患者様のご要望と医学的な美しさ」「気になるポイントと全体のバランス」という2つの軸を基本に、患者様にご満足いただける結果を導き出すことを大切にしています。

顔の脂肪吸引では、「あご下のボリュームを減らしたい」というニーズが高いのですが、年齢を重ねた方の場合、脂肪を吸引しすぎるとかえって皮膚が垂れてしまうことがあります。
そのため、脂肪を一律で吸引するのではなく、年齢、患者様の脂肪のつき方や骨格などをみながら吸引場所や吸引量を調整しています。

身体の脂肪吸引

脂肪吸引(ボディ)の対象部位

東京・渋谷の宮益坂クリニックの脂肪吸引(ボディ)の対象部位
  1. 二の腕
  2. 肩甲骨・わきの下周囲
  3. 腹部
  4. 背中~腰
  5. 太もも各部位
  6. ひざ
  7. ふくらはぎ
  8. 足首

※当院では、臀部の吸引は行っていません。頬の脂肪吸引と同じで、おしりの脂肪を吸引すると垂れてしまうからです。
臀部は触れず、大腿部外側から吸引することで、自然なヒップラインを形成することができます。

身体の脂肪吸引のポイント

東京・渋谷の宮益坂クリニックの身体の脂肪吸引のポイント

脂肪吸引は目で見えない部分を施術する、いわゆるブラインド手術です。
皮膚の上から「体のどこになにがあるか」「どれくらい脂肪が取れたか」などをイメージしながら手術を進めていくため、医師の治療経験が求められます。

また、脂肪吸引では、どの部分の脂肪をどれだけ残すかということも考える必要があり、決して根こそぎ吸引することが最適解ではありません。
当院では、患者様のご希望と医学的な許容範囲の両方を考慮し、美しい仕上がりを追求するだけでなく、安全性にこだわった施術をご提供しています。

脂肪吸引の治療方法

仕上がりの美しさを意識した吸引

東京・渋谷の宮益坂クリニックの脂肪吸引の方法
脂肪を取りすぎた場合

ボディの脂肪吸引の場合、顔に比べて面積が広いので、施術後に凹凸が目立ったり、カニューレの跡が筋のように残ったりしやすい部位です。
こうしたことが起こらないように吸引するのはもちろんのこと、単に細くするだけでなく美しいシルエットをつくるためのデザイン性が欠かせません。

脂肪層はSMAS(表在性筋膜)を境に浅い部分と深い部分に分けられ、どの部分を吸引するかはドクターによって異なります。
一部の吸引しやすいところから取りすぎてしまうと、そこが凹んでしまう恐れがあるので、当院では浅い部分と深い部分の両方からバランスよく吸引しています。
具体的には、ボリュームを落とすために深い部分、形をきれいにするシェイピングのために浅い部分というように、最終的なラインを意識しながら吸引します。

脂肪吸引のダウンタイム

術後の生活に丁寧なアフターケア

東京・渋谷の宮益坂クリニックの脂肪吸引は丁寧なアフターケア

脂肪吸引は、むくみや腫れといったダウンタイムがあるため、術後に不安を感じる方も少なくありません。

術後のケアにおいては、むくみや腫れの対処として施術後の安静期間、運動やマッサージの開始時期や方法の説明、さらに下半身の施術の場合はストッキングやガードルの着用指導などを行っております。
さらに、腫れの引きを促進する3種類の内服薬をご用意し、患者様のご希望やご予算に応じてご紹介しています。

こうしたお一人おひとりに丁寧に向き合うケアは、個人クリニックだからこそできることです。
理想的なボディラインになるまで、患者様の不安解消に寄り添います。

脂肪吸引の症例写真

顔(頬下部と顎下)の脂肪吸引の症例写真

顔(頬下部と顎下)の脂肪吸引の症例写真

顔をすっきりさせたいとご希望の患者様です。
今回は頬下部の顎外側と顎下の脂肪を除去しました。
術後1か月で頬下部と顎下がすっきりしているのがわかります。正面から見た時に気になる皮膚のたるみは8〜10か月で徐々に縮んで顔面にフィットしていきます。
さらに術後3か月の経過状況をみると、1か月後で気になっていたフェイスラインの皮膚のたるみが改善し、横から見ても引き締まってきて下顎のラインがきれいに出ています。
Afterは1か月後/3か月後です。

費用(税込):脂肪吸引 顔面一部位 330,000円(追加一部位ごと 55,000円)
リスク:腫脹、感染、内出血、皮膚のたるみ、一時的な知覚障害

二の腕の脂肪吸引の症例写真

二の腕の脂肪吸引の症例写真

若いころの二の腕に戻りたいとご希望の患者様です。
二の腕の後ろ側と肩甲骨の外側から脇あたりまでの吸引を行いました。
当院では手術直前にデザインを行い、吸引部分の最終確認を患者様にもしていただいています。

Afterは術後3か月の様子です。
もう少し引き締まり、完全に完成するのはさらに3か月(術後6か月)かかる予定です。

費用(税込):脂肪吸引 二の腕(上腕裏・肩甲骨~腋窩周囲) 各220,000円
リスク:腫れ、内出血、筋肉痛のような痛み、むくみ、一時的に皮膚の感覚が鈍くなる、一時的なツッパリ感、吸引部に小さな傷跡が残る、表面の凹凸、皮膚の色素沈着、皮膚のたるみ

太ももの脂肪吸引の症例写真

太ももの脂肪吸引の症例写真

太ももを細くしたいとご希望の20代の女性です。太ももをほぼ全周に渡って脂肪吸引し、ほっそりとした脚を目指しました。
術後1か月くらいで太ももがやや細くなり、2か月で明らかに細くなっているのがわかります。しかし、まだ少しむくんだ状態です。
さらに術後7か月たつと、むくみが随分とおさまって、膝がしらが出たすっきりとした脚になります。完全に仕上がるには術後10か月ぐらいかかります。

費用(税込):脂肪吸引 大腿部 全周囲 715,000円
リスク:腫れ、内出血、筋肉痛のような痛み、むくみ、一時的に皮膚の感覚が鈍くなる、一時的なツッパリ感、術後2週間ぐらいは歩きにくい、傷跡が残る

腹部・腰の脂肪吸引の症例写真

腹部・腰の脂肪吸引の症例写真

運動しても腹部だけが痩せないとお悩みの患者様です。
皮下脂肪をとればかなりウエストが絞れると判断し、腹部から背部に近い腰部まで脂肪吸引を行いました。
合計で脂肪量は1リットル以上吸引しています。

術後1か月は色素沈着や凹凸が目立ちますが、3か月で形が整い、6か月では5.5cmのサイズダウンに成功しています。
色素沈着はまだ少し残っていますが、1~2年ほどで改善していきます。

費用(税込):脂肪吸引 腹部 385,000円~
リスク:腫れ、内出血、筋肉痛のような痛み、むくみ、一時的に皮膚の感覚が鈍くなる、一時的なツッパリ感、傷跡が残る、色素沈着、皮膚表面の凹凸、皮下の硬結

脂肪吸引の注意事項・リスク

入院 不要です。
痛み
  • 手術は麻酔をして行いますので痛みはありません。
  • 全身麻酔、静脈麻酔、局所麻酔などから吸引する部位に適した麻酔方法を選択します。
  • 麻酔が切れた後、2~3日は筋肉痛のような痛みを感じますので、必要に応じて鎮痛剤を処方いたします。
  • 強い痛みが続く、腫れや赤みが長引くなど、気になることがありましたら早めにご相談ください。
ダウンタイム
  • 顔の場合、腫れやむくみ、内出血が見られることがあります。
  • 太ももなど広い範囲を吸引した場合は、歩きづらさが1か月ほどあり、むくみや腫れが2、3か月か続き、さらに引き締まって仕上がるのに8〜10か月必要です。また、術後は包帯やテープによる圧迫が必要です。
  • カニューレを挿入する部分を切開しますので、施術部位によっては直後は傷跡がやや目立つことがあります。徐々に目立たなくなっていきますのでご安心ください。
  • 当院では、できるだけ傷跡が目立たないようカニューレの挿入場所にこわだっています。例えば、顔の脂肪吸引の場合、耳の裏側やもみあげなどを目立ちにくい部分を選ぶようにしています。
  • なお、ダウンタイムは部位やその方の体質によっても異なります。
術後の注意事項
  • 術後の内出血を最小限にするため、血液がサラサラになる薬品やサプリメントの服用に注意してください。
    当院では、それらの服用に関する指導や食事のアドバイスなどを行っております。
  • 脂肪吸引直後に運動をすると体に負担がかかるだけでなく、痛みや腫れが強くなることがあります。軽い家事程度であれば可能ですが、5~7日間は激しい運動は避けてください。
  • ウォーキングやエクササイズなどの軽い運動であれば、1週間後から可能です。ただし、運動をして痛みや腫れを強く感じた場合にはすぐに中止し、症状が改善しない場合はご相談ください。
  • 暴飲暴食や生活習慣の乱れなどによって残った脂肪細胞が大きくなると、体型に変化があらわれることがあります。
通院 検診のためにご来院いただきます。
リスク・副作用
  • 吸引する場所や量によって程度は違うものの、施術後に腫れや内出血、痛み、むくみが生じます。
  • 顔の場合、皮膚のたるみや一時的な知覚障害が起こることがあります。
  • ボディの場合は表面に凹凸が生じる可能性、脂肪塞栓があります。

脂肪吸引の料金

診察料

診察料 料金(税込)
カウンセリング料(初診・再診問わず) ¥3,300

※ご契約中の施術の通院には、カウンセリング料はかかりません。
※同一施術で4回以上のカウンセリングを行う場合、30分あたり¥11,000(税込)をいただいております。

麻酔料

診療内容 料金(税込)
局所麻酔 ¥5,500
静脈麻酔 ¥55,000
全身麻酔 ¥220,000

脂肪吸引

診療内容 料金(税込)
脂肪吸引 顔面一部位 ¥330,000
追加一部位ごと¥55,000
脂肪吸引二の腕(前面/後面/腋窩周囲/各) ¥220,000
脂肪吸引 上腹部/下腹部/側腹部~腰部/背部/各 ¥385,000
脂肪吸引 大腿部 全周囲 ¥715,000
脂肪吸引 大腿部(内側/外側/前面/後面/各) ¥275,000
脂肪吸引 膝(膝上/内側/各) ¥165,000
脂肪吸引 下腿 後面(ふくらはぎ) ¥550,000
脂肪吸引 足首 ¥440,000