Faceliftフェイスリフト

  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区でフェイスリフト

顔面の皮膚のたるみやしわが生じるのは、主に皮膚が薄くなり伸びてしまうことが原因となっている場合と、脂肪や骨などの顔面皮下組織のボリュームロスが原因の場合があります。
当院では患者様ごとに適切に判断し、フェイスリフトや糸によるリフトが必要なのか、脂肪注入術やヒアルロン酸注入術が必要なのか、その両方を組み合わせた方がよいのかをアドバイスいたします。

ほほのたるみを引き上げたい

図:フェイスリフト

頬のたるみを引き上げるにはいくつかの方法があります。
たるみの程度が中等度以上あり十分な効果をだすにはフェイスリフトによる引き上げがお勧めです。
フェイスリフトも首からこめかみまですべてを挙上するトータルフェイスリフトもありますが、中顔面〜下顔面や下顔面〜頸部など部分的にフェイスリフトを行うこともできます。
また、剥離範囲を最小限にしてダウンタイムを短縮したミニフェイスリフトも人気があります。当院では皮膚だけでなく、筋膜の処理も行うSMAS法で行っています。

顔にメスを入れるのは怖いけど、'たるみをなんとかしたい’
'皮膚を切らないのならなんとか耐えられるんだけど’という方には糸によるリフトアップ(スレッドリフト)をお勧めします。
糸によるリフトは皮膚と皮下組織を移動させることにありますので、たるみは少し残ってしまいますが、法令線や口角外側はすっきりし、頬の位置が高くなります。
当院では糸は全て吸収される糸を使用しています。
吸収されない糸は数年後に糸が飛び出してきたりして、トラブルが多いのです。
吸収糸は1年前後で吸収されますので効果もそのぐらいとお考えください。

糸を入れることも怖い方がいらっしゃいます。
その場合にはHIFUによって熱を皮膚や皮下組織に与えて引き締めを行うか、ヒアルロン酸の注射で頬外側のボリュームを補いリフトアップをしていきます。

目周りのたるみを改善したい

まぶたの脂肪取り

図:まぶたの脂肪取り

厚ぼったいまぶたを改善する場合には、上まぶたの脂肪を切除します。
脂肪は2種類あって、眼窩脂肪と眼輪筋と眼窩脂肪の間に存在するROOFと呼ばれる脂肪があります。
眼窩脂肪は膜に包まれた脂肪でこれを切除すると朝起きた時にまぶたのはれぼったさが解消します。特に前日にお酒を飲んだ場合などにその効果が実感できると思います。
眼窩脂肪の切除は比較的簡単で、1㎜ぐらいの穴を皮膚に開ければ引っ張ってつるっと取れるため、埋没法の手術などと併用できます。
さらにすっきりしたい場合にはROOFの切除をお勧めします。
この脂肪は均一に存在するため、切り出して切除することになり高度な技術が要求される術式です。また、腫れや内出血斑などのダウンタイムも眼窩脂肪に比べて長くなります。

二重ラインでの切開法

まぶたのたるみをとりつつ、希望の二重の幅を作成する場合には二重の位置を決めて余剰皮膚を切開します。

眉毛下皮膚切除法

男性に多いですが、もともと一重まぶたで一重のままたるみの切除を希望される方、現在の二重の印象をあまり変えたくない方、二重ラインでの切除よりもダウンタイムを短くしたい方にお勧めです。
眉毛下の皮膚を切除します。

下まぶたの皮膚切除法

図:下まぶたの皮膚切除法

下まぶたのきわから2㎜下の皮膚を切開し、たるんだ皮膚を切除します。
下まぶたがゆるんで下垂している場合には外側の眼輪筋を眼窩外側の骨膜に縫合して下まぶたのリフトアップも同時に行います。

下まぶたのクマ治療

下まぶたの膨らみが気になる方は下まぶたに存在する眼窩脂肪を切除します。
皮膚を切らずにまぶたの裏側の結膜という部分を5-8㎜程度切開して眼窩脂肪を切除します。皮膚を切らないのでダウンタイムは短くなります。
膨らみの下のくぼみも同時に気になる場合にはヒアルロン酸の注入やくぼみの部分に脂肪を移植する方法があります。

ハムラ法

目の下のクマの状態が膨らみとその下のくぼみ、さらに皮膚のたるみがある場合にこの方法を行います。
下まぶたのきわから2㎜下の皮膚を切開したるみを切除するとともに、膨らみの原因となっている眼窩脂肪を下方に引き出してくぼみの部分に移動させ、膨らみとくぼみの両方を改善します。

ほうれい線、マリオネットラインをなくしたい

図:ヒアルロン酸の注射

ほうれい線やマリオネットラインはヒアルロン酸の注射が一番人気です。
当院では長期に持続する注入法で施術を行っています。
ヒアルロン酸の注入とスレッドリフトとの組み合わせも相乗効果があり相性がよいです。
数年以上の効果持続を望まれる方にはやはりフェイスリフトをお勧めします。
手術の腫れは1-2週間ありますが、中〜下顔面のフェイスリフトを行うと、法令線やマリオネットラインの改善が見込めます。

施術の流れ

STEP.1 カウンセリング

カウンセリングはすべて院長の青井が対応します。
患者様のご要望をじっくりとお聞きした上で、最良の治療をご提案します。また治療の流れやアフターケアなどについても詳しくご説明します。
初診のカウンセリングには十分な時間を確保しておりますので、気になることやご質問など、お気軽になんでもお聞きください。

STEP.2 術前シミュレーション

術前シミュレーションでは、カウンセリングでお聞きしたご希望のデザインを院長が細部までしっかりと確認します。患者様にご納得いただけましたら治療を開始いたします。

STEP.3 施術

リフトアップの場合、患者様の体調を優先し、安全で負担の少ない施術を行います。施術前に局所麻酔を行いますので痛みはほとんど感じません。施術中にデザインの確認を行いながら進行します。

STEP.4 アフターケア

リフトアップの場合、1週間程度で抜糸をします。その他気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。アフターケアは無料です。

よくあるご質問

Qリフトアップ後の腫れはどのくらい続きますか?
A

術式にもよりますが1週間程度です。稀に内出血が出ることがありますが、2〜3週間程度で消失します。

Qリフトアップは当日にできますか?
A

カウンセリングでご納得いただけましたらその日のうちに施術可能です。ご予約の際に当日施術のご希望をお伝えください。

Qリフトアップの効果はどの程度持続しますか?
A

個人差がありますが、5年〜10年の期間で効果の維持が期待できます。