フェイスリフト手術なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック フェイスリフト手術なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で顔のリフトアップ
  4. フェイスリフト手術

宮益坂クリニックの
フェイスリフト手術のこだわり

宮益坂クリニックのフェイスリフト手術のこだわり

フェイスラインがぼやける、目元が重く見える、法令線やマリネットラインが深くなるなど、多くの女性を悩ませる顔のたるみ。
たるみが進むと実年齢よりも老けて見えたり、表情が乏しく感じたり、その方の印象にも影響を与えます。

たるみ改善には、高周波や超音波、スレッドリフト(糸リフト)、注入治療などさまざまありますが、年齢を重ねて生じた大きなたるみに適しているのがフェイスリフト手術です。
糸リフトなど他のリフト施術との決定的な違いは、たるんだ皮膚を切り取ってしまうことです。さらに、SMAS温存法と併用すると引き上げ効果が高く、長期間持続するので、たるみをしっかり改善したいという方におすすめです。
リフトアップしたい範囲によっては大きな手術といえますが、当院では患者様の負担をできるだけ軽減しつつ、ご満足いただける効果を出すことにこだわっています。

腫れが少なく、傷跡が目立たない手術

当院のフェイスリフト手術のコンセプトは“剥がしすぎない手術”です。
かつての手術は、耳のあたりから法令線近くまで皮膚を剥離し、余分な皮膚を最大限切除した上で縫合する方法が主流でした。
しかし、剥離範囲が大きく、皮膚切除量が多いだけに、術後の腫れや傷跡が目立つというデメリットがありました。
当院では、剥離範囲を耳の前から4~5cmほどに留めることで腫れを軽減し、さらに耳珠に沿ってメスを入れることで傷が目立たないようにしています。

下記は、左から手術前、術後1週間、術後6か月の傷跡の様子です。
1週間で腫れが落ち着き、6か月経った頃には傷跡もほとんど目立たちません。

宮益坂クリニックのフェイスリフト手術は腫れが少なく、傷跡が目立たない

リフトアップ効果を長続きさせる「SMAS温存法」

効果を長続きさせる「SMAS温存法」

肌の脂肪層は浅層と深層に分けられ、その間にSMASという表在性筋膜があります。
フェイスリフト手術のなかには、皮膚と一緒にSMASを切りとってしまう術式もありますが、それでは必要なボリュームまで失われてしまい、手術自体がたるみの原因になってしまいます。
そこで当院では「SMAS温存法」を採用しています。
筋膜の処理を行った上で皮膚と一緒に引き上げますので、引き上げ効果が高まり、仕上がりを長く保つことができます。

注入施術との複合治療で、より自然な仕上がりに

宮益坂クリニックのフェイスリフト手術は注入施術との複合治療で、より自然な仕上がりに

当院のフェイスリフト手術には、首からこめかみまですべてを引き上げるトータルフェイスリフト、こめかみ部・中顔面・下顔面・頸部といった部分的なフェイスリフト、さらに、剥離範囲を最小限にしてダウンタイムを短縮するミニフェイスリフトがあります。
ここで注意しておくことがあります。それは、若返るためには「皮膚のたるみを引き上げさえすればよくなる」と思われている方が多いのですが、実際は皮下組織のボリュームの減少が関わっているケースが多く見られるということです。

そこで当院では、総合的な若返りを目指し、脂肪注入やヒアルロン酸注入など低侵襲 (体への負担が少ない)施術を加えた複合手術をおすすめしています。
そうすることで、加齢現象の根本原因である皮下のボリュームの減少と皮膚のたるみを同時に解決できるのです。
また、フェイスリフトは静脈麻酔か全身麻酔で行いますので、脂肪注入をあらためて行うよりも負担が少ないといった利点もあります。
患者様のご要望や症状を拝見した上で、最適な施術をご提案いたしますので、顔のたるみやしわでお悩みの方はぜひご相談ください。

フェイスリフト手術の症例写真

ミニフェイスリフト(中顔面+下顔面)+脂肪注入術の症例写真

ミニフェイスリフト(中顔面+下顔面)+脂肪注入術の症例写真(術前)
Before
ミニフェイスリフト(中顔面+下顔面)+脂肪注入術の症例写真(術後)
After

糸リフトを他院で何回か受けたものの満足いく結果が出ず、後に右の頬にスジが入ってしまったという患者様です。ゴルゴラインや法令線、下口唇と顎の間のくぼみなども気になり、顎をヒアルロン酸やシリコン以外で出したいというご要望もありました。
そこで顔面のくぼみや顎に関しては脂肪注入を、顔のたるみに関しては中下顔面のミニフェイスリフトを行いました。
術後1カ月を見ると皮膚のたるみが改善し、以前の糸リフトでできてしまった線もほとんど目立たなくなりました。さらに、法令線やゴルゴラインも改善し、顎が出てきれいな形になっていることがわかります。
Afterは1カ月後です。

費用:脂肪注入術 320,000円(一部位)+一部位追加につき 50,000円
ミニリフト 中下顔面 600,000円
リスク:腫脹、感染、傷の一時的な赤み、肥厚性瘢痕、左右差、脂肪の生着率に個人差、硬結、オイル嚢胞、一時的な顔面神経障害、耳垂の変形、一時的な感覚障害

症例の詳しい解説はこちら

ミニフェイスリフト(中下顔面)の症例写真

ミニフェイスリフト(中下顔面)の症例写真(術前)
Before
ミニフェイスリフト(中下顔面)の症例写真(術後)
After

一度他院でフェイスリフトの手術を受けたところ、効果が少なかったことから再度治療を希望された50代の患者様です。
頬や口元のたるみが解消され、フェイスラインもすっきりしています。
Afterは1週間後の様子です。髪の短い方でも隠さずに生活できる程度の腫れに落ち着いています。
個人差はありますが、傷跡や腫れ具合の参考になさってください。

費用:ミニリフト 中下顔面 600,000円
リスク:腫れ、内出血、痛み、むくみ、一時的に皮膚の感覚が鈍くなる、一時的なツッパリ感、傷跡が残る、耳の変形

症例の詳しい解説はこちら

フェイスリフト手術の施術内容

前額リフト(おでこのリフトアップ)

前額リフト

前額のたるみやしわは、多くの場合ボトックスの注射で改善できるようになってきましたが、ボトックス注射が苦手な方や眉毛を拳上したい方、より大きな効果や長期間の効果の持続を求める方に、前額リフトの適応があります。

前額リフトはいわゆる“おでこ”(毛髪の生え際から眉上まで)のたるみの改善と、眉毛のリフトアップ効果があります。
髪の生え際や生え際から少し頭頂部寄りをジグザグに切開して引き上げます。(図の赤線)

こめかみリフト

こめかみリフト

眉毛外側、上まぶた・下まぶたの外側、頬の外側、鼻翼基部のたるみを改善する手術です。
側頭部の毛髪の中を階段状に数cm切開し、外側上方に引き上げます。(図の赤線)
目元のたるみが改善するだけでなく、眉の外側や目尻が引き上がって、若々しさや凛々しい印象が得られます。

中顔面リフト・下顔面リフト

フェイスリフトは、引き上げる場所の違いによって中顔面リフト・下顔面リフトに分けられます。
当院では、できるだけ後戻りせず効果を長持ちさせるため「SMAS温存法」を採用していますが、それぞれを単独で行うとゆがみやすく、引き上げる幅にも限りがあります。
より自然に仕上げるためにも、中顔面〜下顔面や下顔面〜頸部など、2カ所以上の施術をおすすめします。

中顔面リフト(耳下~こめかみ上)

中顔面リフト(耳下~こめかみ上)

下瞼から頬骨の下あたり(図のピンクの部分)をリフトアップする手術です。
耳の下からこめかみの上まで(図の赤線)を切開してたるみを引き上げます。
年齢を重ねると中顔面がたるみ、顔の中央付近が間延びしたように見えてしまうため、目の下から頬にかけて引き上げたい方、法令線が気になる方におすすめです。

下顔面リフト(耳珠~耳裏)

下顔面リフト(耳珠~耳裏)

中顔面の下、鼻の下から顎まで(図のピンクの部分)をリフトアップする手術です。
耳珠から耳裏まで(図の赤線)を切開してたるみを引き上げます。
皮膚、脂肪や筋肉の衰えによって生じる口元やフェイスラインのたるみをすっきりさせたい方におすすめです。

Totalフェイスリフト

Totalフェイスリフトとは、顔全体を引き上げる手術です。皮膚を切開し、皮下剥離を加えて皮膚のたるみをとりながら、前述の「SMAS温存法」で皮下の深い部分も持ち上げます。

当院では「TotalフェイスリフトMini」と「TotalフェイスリフトFull」の2種類をご用意しております。
たるみの強さによって選択しますが、皮膚剥離の範囲が異なります。

Totalフェイスリフト Mini

Totalフェイスリフト Mini

こめかみから耳の後ろまでを3~5cm程度皮膚剥離し(図の斜線部)、SMASを引き上げたい方向に牽引後、たるみの原因となっている余分な皮膚を切除して縫い縮めます。
上顔面・中顔面・下顔面の全ての部位で引き上げ効果があります。

また、従来のフェイスリフト手術よりも皮膚剥離の範囲が狭いので術後の負担が少なく、ダウンタイムを抑えることができます。

Totalフェイスリフト Full

Totalフェイスリフト Full

従来型のフェイスリフト手術で、こめかみあたりから鼻唇溝まで(図の斜線部)皮膚剥離します。
フェイスリフト手術だけで、法令線や口角外側のふくらみを最大限改善したい人や、年齢的にたるみが顔全体に強く出ている方に適しています。
その反面、手術後のダウンタイムが2~3週間あるといったデメリットがあります。

眉毛挙上術(眉毛のリフトアップ)

眉毛挙上術

眉の下垂を伴うたるみを改善するための手術で、眉毛の上を切開し、眉の位置を引き上げます。
眉下や生え際を切開するよりも傷跡が少し目立ちやすいですが、眉毛が低侵襲かつダイレクトに拳上されます。

リップリフト(鼻下短縮・人中短縮)

リップリフト(鼻下短縮・人中短縮)

鼻下から唇まで(図のピンクの部分)の距離を短くする手術です。
鼻と口の距離が長くて間延びした顔の方は、鼻の下を短くするとバランスが整って小顔効果が得られます。また、縫合によって上唇がひっぱられることで、ベビーフェイスのようになる効果もあります。
同時に口角挙上術を行って、小顔効果を高める複合手術もおすすめです。

手術は鼻下から3〜8mmほどの皮膚と口輪筋の一部を切除し(図の赤線)、後戻りしないように口輪筋を骨膜という硬い部分に縫合します。
切除のデザインが悪いと鼻の穴が大きく見えてしまうので、当院では、より自然で美しい仕上がりを目指し、デザインにもこだわっています。

ネックリフト(首のリフトアップ)

ネックリフト

首のしわやたるみを改善する手術です。(図のピンクの部分)
耳の後ろからうなじに沿って切開し、皮下剥離を加えてたるみをとり、再び縫合します。
なお、術後の傷は髪で隠れるため目立ちません。

ネックリフトでフェイスラインをすっきりさせるとともに、他のフェイスリフトや顎下の脂肪吸引を組み合わせると、より若々しく自然な仕上がりが目指せます。

フェイスリフト手術の料金

診察料

診療内容 料金(税抜)
初診料※1 ¥3,000
再診料※2(30分) ¥1,000
再診料※2(60分) ¥2,000

※1 施術を当日にご契約いただいた場合は無料になります。
※2 再診料とは、2回目以降のご相談、新しい施術のご相談の際にかかる診察料です。ご契約中の施術の通院には再診料はかかりません。
同一施術で4回以上のカウンセリングを行う場合は、30分¥10,000かかります。

麻酔料

診療内容 料金(税抜)
局所麻酔 ¥5,000
静脈麻酔 ¥50,000
全身麻酔 ¥200,000

フェイスリフト手術

診療内容 料金(税抜)
前額リフト ¥800,000
こめかみリフト ¥400,000
中顔面リフト(耳下~こめかみ上) ¥450,000
中顔面+下顔面リフト(耳珠~耳裏) ¥600,000
下顔面+ネックリフト ¥600,000
Totalフェイスリフト Mini ¥1,000,000
Totalフェイスリフト Full ¥1,400,000
眉毛挙上術 ¥380,000
リップリフト 鼻下短縮術 ¥350,000
ネックリフト ¥450,000

フェイスリフト手術のよくあるご質問

Qフェイスリフト手術の効果はどのくらい持続しますか?

A

個人差がありますが、5年〜10年間は効果が期待できます。

Qフェイスリフト手術は痛みはありますか?

A

手術中は麻酔をして行いますので痛みはありません。
術後も数時間麻酔が効くため、痛みは感じずに過ごすことができます。その後も強い痛みを感じることは少ないと思いますが、鎮痛剤を処方しますので必要に応じて内服することができます。
万が一強い痛みが続く、腫れや赤みが長引くなど、気になることがありましたら早めにご相談ください。

Qフェイスリフト手術は入院や通院は必要ですか?

A

入院の必要はありません。
ただし、術後数日は包帯やテープによる圧迫が必要で、約1週間後には抜糸・検診のために再来院いただきます。
もちろん、その間に不安がある場合はいつでもご相談ください。

Qフェイスリフト手術のダウンタイムはどれくらいですか?

A

術後の腫れや痛みは2~3日がピークで、10日〜2週間かけて徐々におさまっていきます。
その後、1カ月くらいでほとんどわからなくなりますが、最終的な完成までは数カ月かかります。

Qフェイスリフト手術の術後、気をつけることはありますか?

A

約1週間後の抜糸まではできるだけ安静にしてください。
洗顔、入浴や洗髪は3日後くらいからにし、1カ月間程度は激しい運動やマッサージは控えるようにしてください。
ただし、リフトアップ手術の範囲、患者様の状態やライフスタイルによって気をつける点は異なりますので、それぞれに必要な注意点・ケアをしっかりご説明いたします。

Qフェイスリフト手術のリスクや副作用について教えてください

A

切開を伴う手術の場合、切開部分が炎症を起こしたり、細菌感染したりすることがあります。
そのようなリスクをできる限り回避するためにも、正しい知識と豊富な経験をもつ医師による手術が必須と言えます。
当院では、そのようなトラブルが起こらないよう丁寧な施術につとめています。