目の下のたるみ・クマ治療なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック 目の下のたるみ・クマ治療なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で二重整形・目元整形
  4. 目の下のたるみ・クマ治療

目の下のたるみ・クマ治療とは

目元は顔の印象を大きく左右する部分です。そのため、目の下のたるみや、下まぶたのくぼみ・色味(クマ)は、疲れて見える原因になってしまいます。
目の下のたるみやクマを解消することで、より若々しく元気な印象になります。

多くの場合、加齢現象としてクマは生じますが、下まぶたの脂肪の膨らみは、若いうちから目立つこともあり、年齢を問わないお悩みでもあります。

宮益坂クリニックでは、様々な治療法に対応が可能なため、症状に合わせて最も適した治療法をご提案しています。

目の下のたるみ治療とは

宮益坂クリニックの目の下のたるみ治療とは

目の下のたるみ治療は、下記のようなお悩みにおすすめです。

  • 涙袋より下のたるみやしわが気になる
  • 目元が疲れて見える
  • マッサージや照射治療では物足りない

目の下のたるみの原因は、皮膚とそのすぐ下の眼輪筋という筋肉のゆるみです。
皮膚や眼輪筋が薄くなって弾力がなくなると、眼窩脂肪を抑えられなくなり、目の下に膨らみとして出現します。
この膨らみによって目元がたるんで見えてしまいます。

眼窩脂肪とは、目玉が収まっている穴(眼窩)の周囲にある脂肪のことです。
眼窩脂肪の膨らみは他にも、目が大きく眼窩容積が大きい方に多い「生まれつきの眼窩脂肪の多さ」や、眼窩脂肪を固定している「ロックウッド靭帯のゆるみ」などが原因として挙げられます。

したがって目の下のたるみ治療では、眼窩脂肪の除去を中心に、たるんで余った皮膚の切除なども行っています。

また、目の下のたるみと同時によくあるお悩みが、たるみの下の「くぼみ」です。
眼窩脂肪の膨らみで皮膚が盛り上がることに対して、頬の脂肪(メーラーファット)は下垂し、本来あったボリュームがなくなってしまうため、くぼみとして目立ってしまいます。
患者様のご希望があれば、目の下のたるみの除去後に、ボリュームを補う注入治療なども行っています。

クマ治療とは

宮益坂クリニックのクマ治療とは

クマ治療は、下記のような方におすすめです。

  • メイクで隠しきれないクマがある
  • 目の下がくぼんで黒く見える
  • 目袋が膨らんで影になっている

自分が「どのクマの種類に当てはまるのか分からない」「クマの見分けがつかない」という方は多いでしょう。
目の下のクマは、その発生原因によって種類を分けることができます。
当院では、お一人おひとり「何が原因でクマが目立ってしまっているのか」を見極めて、治療方法をご提案しています。

クマの種類①でっぱりクマ

でっぱりクマ

目玉を包む眼窩脂肪が突出することによって発生するのが「でっぱりクマ」です。
眼窩脂肪を正しい位置で抑えている眼輪筋・皮膚の衰えや、生まれつき眼窩脂肪が発達している人によく見られます。
幅広い年代でよく見られるケースです。

クマの種類②くぼみクマ

くぼみクマ

「くぼみクマ」は、目の下のくぼみが影になることで、その部分だけ暗く見える状態です。
このくぼみは、主に加齢により頬の脂肪(メーラーファット)が下垂することによって発生します。
若い方は少数ですが、眼窩下縁(目の下の骨のあたり)と眼輪筋をつなぎとめている靭帯(arcus marginaris)が発達している場合に見られます。

クマの種類③たるみクマ

目の下のたるみ治療の部分でも取り上げたように、皮膚や眼輪筋のゆるみによって目立ってくるのが「たるみクマ」です。
比較的年齢を重ねるごとに発生しやすくなります。

クマの種類④色グマ

若年層に多い傾向があるのが、皮膚の色素沈着による「色グマ」です。
目の下の皮膚を下方に引っ張って平らにしたときに、くぼみよる影ではないかどうかで判別します。

クマの種類⑤紫クマ

目の下の皮膚は薄いために、眼輪筋(目の下の筋肉)が透けて見えてしまうのが「紫クマ」です。
眼輪筋は夕方むくみが出るため、夕方にクマが強くなるかどうかで判別できます。

目の下のたるみ・クマ治療の
症例写真

下眼瞼脱脂術+眼窩脂肪移植の症例写真

宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂術+眼窩脂肪移植の症例写真(術前)
Before
宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂術+眼窩脂肪移植の症例写真(術後)
After

クマ治療と目頭切開を受けた患者様です。
下眼瞼の脂肪を結膜側(目の裏側)から除去し、細かく砕いてくぼみに注入しています。
この患者様のように、下眼瞼の脱脂を行うと、埋もれていた涙袋が何もせずともきれいに出てくることがあります。
Afterは3か月後です。

費用:経結膜下眼瞼脱脂術+眼窩脂肪移植 370,000円/目頭切開 250,000円
リスク:腫れ、内出血、左右差、眼窩脂肪がわずかに残る可能性、脂肪注入直後の凹凸感、注入脂肪の量が足りない可能性、しこりが生じる可能性、くぼみが再発する可能性、傷跡がしばらく目立つ可能性、一時的な結膜の充血、顔の印象が変わる

症例の詳しい解説はこちら

下眼瞼脱脂術+ヒアルロン酸注入の症例写真①

宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂術+ヒアルロン酸注入の症例写真①(術前)
Before
宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂術+ヒアルロン酸注入の症例写真①(術後)
After

眼窩脂肪による膨らみとその下のくぼみがクマの原因になっていた患者様です。
まず、目の裏の結膜を小切開し、眼窩脂肪を取り除くことで膨らみを除去しました。
1か月半後、くぼみ部分に目元用のヒアルロン酸を注入し、くぼみと脂肪除去後の皮膚のたるみを改善しました。
また、術後に上眼瞼の開きが改善していることがわかります。
特に左目は二重もきれいにできるようになっていますね。
全員ではありませんが、上眼瞼の厚ぼったい方はこのように上眼瞼も開けやすくなる傾向にあります。
Afterは3か月後です。

費用:経結膜下眼瞼脱脂術 250,000円/ヒアルロン酸注射 75,000円
リスク:腫れ、内出血、左右差、脂肪除去直後のくぼみ感、脂肪がわずかに残る可能性、注入直後の凹凸感(0~7日)

症例の詳しい解説はこちら

下眼瞼脱脂術+ヒアルロン酸注入の症例写真②

宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂術+ヒアルロン酸注入の症例写真②(術前)
Before
宮益坂クリニックの下眼瞼脱脂術+ヒアルロン酸注入の症例写真②(術後)
After

上眼瞼のくぼみには脂肪注入を行い、下眼瞼はクマ治療を行った患者様です。
下眼瞼の脱脂を行った1か月後、腫れが引くと同時にくぼみが少し目立つようになったため、ヒアルロン酸注入を行いました。
Afterは術後1か月、ヒアルロン酸注入を行った直後です。

費用:経結膜下眼瞼脱脂術 250,000円/ヒアルロン酸注射 75,000円/脂肪注入 顔面一部位 320,000円
リスク:内出血、腫れ、左右差、脂肪除去直後のくぼみ感、脂肪がわずかに残る可能性、アレルギー、動脈塞栓、移動する可能性、生着率に個人差あり、量の調節が難しい、しこりや凹凸が生じる可能性

症例の詳しい解説はこちら

宮益坂クリニックの
目の下のたるみ・クマ治療の特徴

下眼瞼皮膚切除(目の下のたるみ除去)

宮益坂クリニックの下眼瞼皮膚切除(目の下のたるみ除去)

図のように下まぶたのキワから2mm下の皮膚を切開し、たるんだ皮膚を切除する治療です。
下まぶたに沿って丁寧に縫合するため、傷跡は次第に目立たなくなっていきます。
たるみが軽度の場合は、皮膚の切除だけ行いますが、下まぶた自体がゆるみ、たるんでいる場合は眼輪筋の処理も同時に行います。
眼輪筋とは、目の周りの筋肉です。眼輪筋の外側を、眼窩(眼球が収まっている部分)の外側の骨膜に縫合することで、より強力にリフトアップできます。

経結膜下眼瞼脱脂術(目の下の脂肪取り)

経結膜下眼瞼脱脂術(目の下の脂肪取り)

経結膜下眼瞼脱脂とは、まぶたの裏側の赤い部分(結膜)を5~8mm程度切開して、眼窩脂肪を切除する治療です。
外側の皮膚を切らないため、術後の傷跡が目立たないだけではなく、ダウンタイムも短くなることが特徴です。

また、眼窩脂肪を除去することで、目の下が緩やかにカーブし、涙袋が自然と浮き出てきます。
頬の一番高いところも強調されるため、メリハリのある顔立ちになるというメリットもあります。

当院では、眼窩脂肪がなくなったことで過剰に凹みすぎないように、脂肪を除去した1か月後にヒアルロン酸注入を行う場合が多いです。
目の下の緩やかなカーブを作り出すことができるため、より美しい仕上がりになります。

眼窩脂肪の移植・目の下の脂肪注入

眼窩脂肪の移植・目の下の脂肪注入

上記では、目の下の脱脂後に、ヒアルロン酸注入を行う方法をご紹介しましたが、当院では、脂肪を移植・注入する方法も行っています。

一つ目は、脱脂術の手術と同時に、そのとき除去した眼窩脂肪を細かく砕いて皮膚の浅い層に注入する方法です。
ただしこの方法は、採取できる眼窩脂肪の量が少ないため、くぼみが軽度の方に向いています。

二つ目は、脱脂術の手術と同時に、別の部位から脂肪吸引した脂肪を浅い層のみに注入する方法です。
他院では「下眼瞼脱脂+コンデンスリッチファット注入」などのメニュー名になっていることがあります。
脱脂術の手術とは別で脂肪吸引の手術が必要ですが、脂肪注入はヒアルロン酸注入よりも持ちが良く、周囲の肌質を改善させる効果もあります。

三つ目は、脱脂術を行った1か月後に、脂肪注入を浅い層だけでなく、深い層にもしっかりと行う方法です。
間隔をあけての手術になりますが、脱脂術の腫れが十分に引いたあとに、浅い層と深い層の両方に注入することで、より高い効果を出すことができます。

いずれの方法も、メリット・デメリットを踏まえて、患者様とご相談しながら決定いたします。

ハムラ法・裏ハムラ法

ハムラ法
裏ハムラ法

ハムラ法は、下まぶたのキワから2mm下の皮膚を切開し、膨らみの原因となっている眼窩脂肪を、下に移動させて固定させる方法です。
たるんだ余剰皮膚も切除することができるため、膨らみとたるみの両方にお悩みの方におすすめです。

また、当院では「裏ハムラ法」でも対応することが可能です。
眼窩脂肪を移動させ、固定する方法自体は変わりませんが、まぶたの裏側(結膜)を切開するので、傷跡が目立ちにくいというメリットがあります。また、この場合は皮膚の切除は行えません。
結膜側から行うと切開が可能な幅が狭く、表の皮膚側からよりも難しい手術となるため、扱っているクリニックは少数です。

切らないクマ治療

くぼみや突出した眼窩脂肪が軽度の場合、ヒアルロン酸注入や脂肪注入だけで目立たせなくすることが可能です。
この場合は切開を行わないため、ダウンタイムが短くなります。

ヒアルロン酸注入では、吸収されるためメンテナンスが必要ですが、施術自体は手軽に行うことができます。
一方で脂肪注入は、脂肪の採取やダウンタイムなど、ヒアルロン酸に比べて患者様の負担はありますが、持ちがよくメンテナンスが不要な点が魅力です。
どちらにもメリット・デメリットがございますので、治療後の生活の面もお伺いしながら治療は決定いたします。

目の下のたるみ・クマ治療の料金

おすすめプラン

下眼瞼たるみ除去・クマ治療

診療内容 両目料金(税抜)
経結膜下眼瞼脱脂術(眼窩脂肪除去) ¥250,000
経結膜下眼瞼脱脂術+眼窩脂肪移植 ¥370,000
下眼瞼皮膚切除(たるみ除去) ¥300,000
下眼瞼皮膚切除+眼窩脂肪除去 ¥350,000
ハムラ法(下眼瞼皮膚切除+眼窩脂肪移動術) ¥350,000
裏ハムラ法(経結膜眼窩脂肪移動術) ¥400,000

目の下のたるみ・クマ治療の
よくあるご質問

Q痛みが心配で治療に踏み切れません。

A

手術中は、麻酔を使いますので、痛みを感じることはありません。
注入時の針の痛みが心配な方は、痛みが少ない針に別途料金で変更も可能ですので、お気軽にお申し付けください。

Q傷跡が目立ってしまうのではないかと不安です。

A

経結膜下眼瞼脱脂術や裏ハムラ法では、下まぶたの裏を切開するため、表面には傷跡がない治療となります。
皮膚の表面を切開する治療も、形成外科医の技術で細かく丁寧に縫い合わせるため、抜糸後はほとんど目立ちません。
メイクで隠せる程度の赤みはありますが、徐々に白く目立たなくなっていきます。