顔の脂肪注入なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック 顔の脂肪注入なら東京都渋谷区の宮益坂クリニック
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 顔の脂肪注入

脂肪注入とは

希望者急増中の脂肪注入による若返り

宮益坂クリニックの脂肪注入

脂肪注入とは、その名の通り、脂肪を注入して顔や体のお悩みを改善する治療です。
この治療では豊胸が広く知られていますが、実際はさまざまな部位に対応できます。
最近では“切らない若返り治療”のひとつとして、顔への脂肪注入が注目されており、当院でも患者様が増えています。

年齢を重ねることで気になりはじめるのが、頬のこけ、目の下のくぼみ、上まぶたの落ち込み、法令線やマリオネットラインの出現です。
脂肪注入はそれらに有効で、施術により、ふっくらと若々しい印象が得られます。

さらに、顔のエイジング対策だけでなく、手の甲やおしりへの注入も可能です。
なお、胸の脂肪注入については豊胸のページをご覧ください。

脂肪注入とヒアルロン酸注入の違い

脂肪注入とヒアルロン酸注入

顔の脂肪注入と同じような効果が得られる治療としてメジャーなのは、ヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸注入は施術時間が短く、ダウンタイムも少ないため、その手軽さが人気の理由でしょう。

脂肪注入はヒアルロン酸注入に比べて腫れやすいのですが、下記のようなメリットがあります。

  • ヒアルロン酸のように表情筋の動きによって移動することがない
  • ヒアルロン酸のように繰り返し注入する必要がなく、一旦生着するとボリュームが長期に保たれる
  • 移植脂肪のなかに含まれる脂肪由来幹細胞によって成長因子やサイトカインが分泌され、肌質の改善が期待できる

どちらが良いか迷っている方は、院長である私が直接カウンセリングを行っていますので、ご相談ください。

≫ヒアルロン酸注射の詳細

脂肪注入の流れ

①脂肪吸引

脂肪注入で注入する脂肪は、ご自身のおなかや太ももから吸引します。
脂肪吸引は先端が丸い形状をして横に穴の開いた「カニューレ」という極細の管で行います。
皮膚切開は5~8mm程度で済みますので傷跡は目立ちませんし、皮膚の中で溶ける糸を使って縫合するので抜糸の必要もありません。

②脂肪の処理

採取した脂肪は、そのまま注入するのではなく、まずオイルや血液など不要なものを取り除きます。
その後、注入に適したサイズに脂肪を細断することで、凹凸の原因となる塊で注入されないようにします。この過程が脂肪の生着率を大きく左右します。
当院では、脂肪注入で重要となる脂肪の処理に独自の方法を採用しています。
私はこれまで「コンデンスリッチファット移植」や「ピュアグラフト」など一通りの治療方法を経験してきましたが、さらに良い仕上がりを追求した結果、現在の方法に至っています。

③脂肪注入

処理した脂肪を顔に注入します。
脂肪の注入は極細カニューレで行うため、皮膚には針の穴の傷だけしかつきません。
針穴は治癒すればほぼわからなくなるため、切開して行う手術のように傷跡が残る心配がない点も、顔への施術に向いているといえるでしょう。

④アフターケア

術後の腫れなどを抑えるため、クーリングやテープによる固定を行います。
患者様ご自身でのケアも術後の仕上がりに大きく影響するため、丁寧にご説明させていただきます。

脂肪注入の症例写真

顔の脂肪注入の症例写真

顔の脂肪注入の症例写真

顔の輪郭を整え、頬の張り出しを目立たなくし、法令線を改善したいという患者様です。
額から法令線あたりまでバランスをみながら脂肪を注入しました。
輪郭に丸みが出ただけでなく、下顎のラインがよりシャープになり、脂肪を注入しても太った感じはせず、むしろ輪郭が整って小顔に見えるようになりました。
Afterは1か月後です。

費用:脂肪注入術 320,000円+一部位追加につき50,000円
リスク:腫脹、感染、傷の一時的な赤み、左右差、脂肪の生着率に個人差、硬結、オイル嚢胞

ミニフェイスリフト(中顔面+下顔面)と脂肪注入術の症例写真

ミニフェイスリフト(中顔面+下顔面)と脂肪注入術の症例写真

他院で糸リフトを何回か受けたものの、満足いく結果が出なかったという患者様です。
他にも、ゴルゴラインや法令線、下唇と顎の間のくぼみ、顎などが気になるということで、顔のくぼみや顎には脂肪注入をし、たるみには中下顔面のミニフェイスリフトを行いました。
Afterは1か月後です。

費用:脂肪注入術 320,000円(一部位)+一部位追加につき50,000円
ミニリフト 中下顔面 600,000円
リスク:腫脹、感染、傷の一時的な赤み、肥厚性瘢痕、左右差、脂肪の生着率に個人差、硬結、オイル嚢胞、一時的な顔面神経障害、耳垂の変形、一時的な感覚障害

宮益坂クリニックの脂肪注入の特徴

長年積み重ねた研究結果に基づく施術

脂肪注入に関する書籍

顔の脂肪注入は、患者様の骨格・脂肪や筋肉のつき方・くぼみやしわの程度などを考慮し、注入する場所、深さ、量などを経験を基に正確に見極めることが重要になります。
さらに、ただ何となく注入するだけでは結果が出せない施術であるため、高い技術力も必要となります。経験と技術、どちらが欠けても良い結果は得られません。

加えて、私は2006年頃より脂肪注入の結果を向上させる研究を重ね、多数の脂肪注入に関する書籍の執筆を行い、学会発表なども積極的に行ってきました。
脂肪注入術は細かく分解すると、脂肪吸引・脂肪の処理・脂肪注入・術後のケアというステップに分かれます。これらのどのステップもおろそかにできませんが、研究を行うことで脂肪の生着率を上げるための脂肪の処理法や注入法が次々と明らかになってきました。

経験と技術に加え、研究で得られた知見を応用することで結果にこだわった安心の施術をご提供しています。

定着率を高める独自の脂肪処理

定着率を高める独自の脂肪処理

吸引した脂肪から不要物を除去する方法は、分離するまでそのまま置いておく「静置法」、「コンデンスリッチ」をはじめとした「遠心分離法」、「ピュアグラフト」のようなフィルターで洗い流す方法などがあります。

当院では、遠心分離法で不要物を取り除いた後、必要に応じて手作業で脂肪を細断しています。
これは、注入する脂肪は細かいほうが好ましいものの、塊の状態で吸引されてしまうことがあるためです。
機械で細かくすることも可能ですが、細かくなりすぎてしまうため、時間はかかってしまいますが、手作業で丁寧に細断し、注入に適した均一なサイズになるようにしています。

患者様にご満足いただける結果を出すために、手間を惜しまず、より良い施術を提供いたします。

内出血を抑える注入方法

顔への注入なので、内出血を気にされる方が多くいらっしゃいます。
できるだけ内出血しにくいよう、下記のような工夫をしています。

  • 注入前に血管収縮剤を注射しておき、血管を細くして出血しにくくする
  • 針先の丸いものを使用
  • 血管を傷つけないよう優しく注入する
  • 施術後すぐに冷やす

脂肪注入のメニュー・料金

顔の脂肪注入

当院では、下記の部位に脂肪注入を行っています。

顔の脂肪注入の対応部位
  1. 側頭部
  2. 頬(前面/側面)
  3. 法令線
  4. 口唇
  5. マリオネットライン
  6. 上眼瞼くぼみ
  7. 下眼瞼くぼみ
  8. 眉間

手背、臀部の脂肪注入

手の甲にボリュームを出すためには複数回の施術が必要ですが、1回の施術でも肌の質感が良くなり、若返り効果が得られます。
おしりへの注入は高めの位置に注入し、ヒップトップを高くみせるようにします。

料金表

診療内容 料金(税抜)
脂肪注入 顔面一部位(額/側頭部/頬/法令線/顎下/口唇/マリオネットライン/上眼瞼くぼみ/下眼瞼くぼみ) ¥320,000
脂肪注入 上記部位追加 +¥50,000
脂肪注入 手背 ¥400,000
脂肪注入 臀部 ¥1,350,000

脂肪注入のよくあるご質問

Q脂肪注入の手術中に痛みはありますか?

A

麻酔をしますので、施術中に痛みを感じることはありません。
麻酔は脂肪の注入量によって異なり、少量の場合は局所麻酔、中量・大量の場合は静脈麻酔や全身麻酔を組み合わせて対応します。
なお、痛みの感じ方には個人差がありますので、痛みに弱い方、不安を感じる方はご相談ください。

Q脂肪注入は入院や通院は必要ですか?

A

脂肪注入は1回の施術で完了します。入院も不要です。
約1週間後に検診のために来院いただきますが、不安がある場合は、いつでもご相談ください。

Q脂肪注入のダウンタイムはどれくらいですか?

A

注入する範囲によって異なりますが、下まぶた、法令線などパーツに対する脂肪注入であれば、腫れは1週間〜10日ほどで落ち着きます。
稀に内出血が生じることがありますが、メイクでカバーできる程度で、2週間前後で徐々に落ち着いていきます。

Q脂肪注入の術後、気をつけることはありますか?

A

脂肪の定着率を上げるためにも、術後3カ月はマッサージを避けるようにしてください。

Q脂肪注入のリスクや副作用について教えてください。

A

脂肪注入は、赤み、腫れ、内出血などが生じる場合があります。時間の経過とともにおさまっていきますが、万一、症状が強く出る、長引くなど気になることがあれば早めにご相談ください。
また、稀に感染症を起こしたり、注入部にしこりができたりするケースが見られます。
当院では、そのようなケースを極力少なくするため、安全性を確保した上で丁寧な施術につとめています。