東京都渋谷区で小顔治療・たるみ治療 東京都渋谷区で小顔治療・たるみ治療
  1. HOME
  2. 宮益坂クリニックの施術一覧
  3. 東京都渋谷区で小顔治療・たるみ治療

女性なら誰しもあこがれる小顔。お顔の輪郭(フェイスライン)は1~2㎜変わるだけでも印象がだいぶ変わります。フェイスラインの引き締めはBNLSやHIFUによる治療が有効です。ダウンタイムが少なく徐々に理想のフェイスラインを実現します。

ほほ・フェイスライン・顎下の余分な脂肪を減らしたい

図:脂肪溶解注射の対象部位(ほほ・フェイスライン・顎下)

手術ほどの効果はなくても、注射で手軽に部分やせしたい方に脂肪溶解注射はお勧めです。その中でもBNLSはほとんど腫れがない上に速効性があります。2-3回目ぐらいから効果が感じられるため、通常は2-3週間に一度3-6回の施術を行っています。
さらにBNLSよりも効果を出したい方は、少し腫れますが従来の脂肪溶解注射をお勧めしています。

たるみを引き締めたい

図:HIFU(収束超音波治療法)の対象部位(こめかみ・目の下・ほうれい線・顎下)

手術的なもの以外で顔のたるみを取りたい場合はHIFU(収束超音波治療法)をお勧めします。
もともと前立腺癌の治療用に開発されたのですが、非常に効果が大きかったため、美容医療にも応用されました。
体外から、皮膚および皮下組織の狙った深さに焦点があうように超音波を発信し、そこで熱エネルギーが発生することで皮膚や皮下組織が引き締まります。
焦点距離が設定できるため、皮膚表面がやけどを起こす心配が少ないのも特徴です。

エラを目立たなくしたい

図:咬筋にBotoxを注射

エラを目立たなくして顔面の横幅を小さくしたい場合には咬筋にBotoxを注射する方法が手軽です。
一度注射をすると半年ぐらいの効果がありますが、短期間に数回の治療を行うことで半永久的な効果を得ることもできます。

施術の流れ

STEP.1 カウンセリング

カウンセリングはすべて院長の青井が対応します。
患者様のご要望をじっくりとお聞きした上で、最良の治療をご提案します。また治療の流れやアフターケアなどについても詳しくご説明します。
初診のカウンセリングには十分な時間を確保しておりますので、気になることやご質問など、お気軽になんでもお聞きください。

STEP.2 術前シミュレーション

術前シミュレーションでは、カウンセリングでお聞きしたご希望のデザインを院長が細部までしっかりと確認します。患者様にご納得いただけましたら治療を開始いたします。

STEP.3 施術

ボトックスやBNLS注射の場合、施術前に麻酔クリームを塗布しますので痛みはほとんど感じません。施術は10分程度で終了します。その後は5分〜10分アイシングをして、腫れを最小限に抑えます。

STEP.4 アフターケア

施術後の通院は不要です。
気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。アフターケアは無料です。

よくあるご質問

QBNLS注入後の腫れはどのくらいあしますか?
A

腫れはほとんど気にならない程度です。稀に針の跡が出る場合がありますが、術後すぐにお化粧もできますので、ファンデーションでカバーできます。

QBNLS注入は当日にできますか?
A

カウンセリングでご納得いただけましたらその日のうちに施術可能です。ご予約の際に当日施術のご希望をお伝えください。

QBNLSで溶けた脂肪はどうなりますか?
A

溶けた脂肪は尿や便となって体外に排出されます。