Doctor blog
宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ 宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. 脂肪注入の症例
  4. 中下顔面ネック(3部位)のミニリフト+顔面脂肪注入(3部位) ~久々にフェイスリフトの症例です~

中下顔面ネック(3部位)のミニリフト+顔面脂肪注入(3部位) ~久々にフェイスリフトの症例です~

Googleのオフィス

朝出勤していると渋谷駅周辺のビル群の中にふとGoogleのロゴを発見してしまいました。

Googleは、このブログもそうですが、Google独自の判断基準でネットでの検索順位がつく仕組みをとっています。そのため、当院のHPもGoogleの判断基準の改定に伴って上がったり、下がったりして一喜一憂するわけです。

というわけで、ネットを使って宣伝している身としてはGoolgeのさじ加減にいちいち広告が影響を受けるためgoogleは現代のお代官様的な存在になっています。

ちなみに、本日11月3日にGoogle 検索エンジンでフェイスリフトX東京と入力すると広告を除く1ページ目の7番目に当院が表示されましたが、広告業界的には1ページ目に入っているかどうかがポイントになるそうです。(確かにほぼ誰も2ページ目は見ません)

そんなGoogleは確か六本木ヒルズに入っていたような、、、いつの間にか渋谷ですか??と思って早速ググると日本法人Google合同会社のオフィスが六本木から2018年に渋谷ストリームに移転したのだそう。

そして驚いたのが、、、35階建てのこのビルの14階~35階までを一括借り上げしていることです。↓↓↓↓↓

家賃どんだけー n(@_@;)!

2000人以上収容できるんだって。リアル世界もお代官様レベルデス。

それにしても渋谷は再開発によって都市機能のランクを確実に上げてきています。

中下顔面ネック(3部位)のミニフェイスリフト+脂肪注入の症例報告 

前置きを書くのに疲れましたねー。本題に入る前に7割ぐらいエネルギーを使ってしまいました。

では、残り3割のエネルギーで中下顔面ネックのミニリフト+脂肪注入を行った50代後半の方をご紹介します。50代以降の方は今まであまり紹介できていなかったので参考になさって下さい。まず術前の状態です。↓

患者様のご希望はフェイスラインとjowl変形(口角外側下方のふくらみ)、上眼瞼のたるみの治療でした。私が診察すると法令線がやや目立ち、法令線の上に頬の皮膚のたるみも少しありましたので、フェイスリフトは中下顔面ネックの3部位のミニリフトもしくはこめかみを含めたtotal face liftのミニ、さらに上眼瞼はくぼみをなおせば皮膚に張りが出てたるみが改善すると考えて、脂肪注入をお勧めしました。相談の結果、フェイスリフトは表題の通り3部位のミニリフト、脂肪注入は、上眼瞼に加えてゴルゴラインと法令線の3部位に行うことにしました。

脂肪注入を行った部位のデザインがこちら↓↓

さらについでに前額しわとりBOTOXと、口角挙上BOTOXを行いました。

それでは術前と術後6か月を比べてみましょう。↓

若々しくなっていてよいですね~。加齢現象の多くは皮膚のたるみ+皮下ボリュームの減少によってもたらされます。この両方を改善していくことがポイントになります。さらに前額と口角BOTOXがよい仕事をしていて、前額の皺が目立たなくなり、口角が上がっています。

フェイスリフトと脂肪注入は同時施術でなければいけないということはなく、当院ではフェイスリフトをした後でくぼみの評価をして注入することが多いです。もちろんくぼみの方が気になっている場合、フェイスリフトで剥離する部分にかかっていなければ先に脂肪注入をしてもよいでしょう。

同時にすると1回で済むので楽と思われがちですが、ダウンタイムが2倍ぐらい長くなります。脂肪注入は注入量が30mlを超えたあたりから結構腫れるのです。フェイスリフトよりも全然腫れると思います。

ちなみにこのモニター様の8日後の状態ですが、、

注入量が30mlを超えていませんので脂肪注入の腫れはそれほど大きくないのですが、それでもミニフェイスリフトの腫れも加わっていますのでそこそこの腫れ具合です。ちなみにモニター様はまぶたの腫れが大変だったとおっしゃっていました。

術後6か月間の経過はこちらです。↓

気にされていた、Jowl変形とフェイスライン、上眼瞼のたるみはよく改善していますね。上眼瞼は二重幅が注入により狭くなったので、4か月目ぐらいで埋没重瞼術を行っています。

次にフェイスリフトでどれだけ引きあがっているかということをお話したいと思います。

赤の矢印が術前術後の同じシミになります。かなり耳側に移動していることがわかりますね。これだけ移動することによってJowlが改善するわけです。ただし、同時にもみあげの移動も避けられないのですが、青の矢印で示した部分が術前後のもみあげの先端になります。ミニリフト手術を検討されている方は参考になさって下さい。

最後に脂肪注入で肝斑が薄くなっている話をします。↓

黄色のサークル部分は脂肪注入した場所で術前には肝斑がありましたが、術後は薄くなっていることが分かります。これは注入した脂肪に含まれる脂肪由来幹細胞が放出する成長因子やサイトカインによるブリ―チング効果です。皮膚のテクスチャーも改善しているようです。

というわけで、フェイスリフト+脂肪注入はたるみ、くぼみ、肌質を整えるすぐれた治療法といます。

年内の手術予約ですが、、なぜか12月24日だけ空いていたのですが、11月に入り午前も午後も埋まってしまいました。24日に申し込み頂いた方へ、誰もそんな日にやりたくないから空いていたのでしょうが、お申し込みありがとうございます。逆に手術結果がクリスマスプレゼントになりますように。

それでは さよなら(^_^)y-~~~マタネ

料金とリスク
  • 料金(税込):中顔面+下顔面+ネック ミニリフト 990,000円  
  • リスク::腫れ、内出血、痛み、むくみ、一時的に皮膚の感覚が鈍くなる、一時的なツッパリ感、傷跡が残る、耳の変形 耳の裏での皮膚のたるみ、左右差、術後早期の皮膚の凹凸、顔面神経の障害
  • 脂肪注入 顔面一部位 352,000円+一部位追加につき 55,000円
  • リスク:脂肪注入:腫れ、内出血斑、生着率が場所によって異なる、しこりができる可能性がわずかにあり、術後早期の凹凸感、一度で十分にボリュームが得られない可能性、脂肪吸引部位の腫れ、内出血、傷跡(7-8㎜)、術後1週間の筋肉痛のような痛み、色素沈着の可能性

来院してご相談したい方はこちらからご予約ください

施術方法や料金について知りたい方はこちらをご覧ください

もっと症例を見たい方はこちらをご覧ください