Doctor blog
宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ 宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. 二重整形・目元整形の症例
  4. 目頭切開 ~最小限のダウンタイムで行うにはスキンリドレーピング法がよいです~

目頭切開 ~最小限のダウンタイムで行うにはスキンリドレーピング法がよいです~

目頭切開(スキンリドレーピング法)の治療経過

  新年あけましておめでとうございます。開院後3回目の正月を迎えましたが ❜コロナ激し❜ で、巣ごもりをして過ごしておりました。巣ごもり中、小学六年の次男が書き初めをしていました。「夢の実現」というお題目でした。自分も小学生の時はよく書いたなーと思いつつ、横で名前用の細筆を借りて小さな半紙に書いてみました。

ん?小6ちゃうやん。と長男にツッコミを入れられましたので太い筆に持ち替えてもう一枚書きました。⇓⇓ 

ちょっと乱れましたね。。。筆のせい?…にしたらいけませんね。^^ 習字で小さな字を書くのは難しいです。

今年の夢ってなんだろうなーと考えてしまいました。コロナをかわして無事に50歳になること・・・ですか。気持ちは30ぐらいで停止しているんですが、肉体は節目の50を迎えます。

さて、新年1例目は目頭切開の御紹介です。目頭切開は術後にしばらく傷が目立つことが多く、目頭切開に興味はあるんだけど、ダウンタイムがね・・・という方も多いと思います。そのような方にはスキンリドレーピング法をお勧めしたいです。

まず、術前の状態をお見せします。↓

術前の評価としては目と目の間隔がやや広い印象があり、鼻の正中から右の目頭と左の目頭までの距離に左右差があり、左目の方が少し離れている状態でした。そこで目頭切開を両側にして目と目の間のバランスを改善するとともに、左目頭をやや多めに切開して正中からのバランスも改善していこうという計画を立てました。

術前にテープでシュミレーションをしてみました。↓

ちょっと寄せるだけでだいぶ印象が違うのが分かると思います。このシュミレーションを元に目頭の移動量を決めました。

次に術直後の写真です。↓

この方法は目頭よりも内側に傷が付かないので手術直後から傷があまり目立たないという利点があります。

次に抜糸の時の状態をお見せします。↓

傷の赤みがまだ少しありますが、化粧で隠せそうですね。

最後に1か月後の状態をお見せします。↓

だいぶ赤みが取れてきました。下眼瞼の傷の赤みは通常1-3か月できれいになることが多いです。

最後に術前から術後1か月後まで並べてみますのでご覧ください。↓

如何でしょうか? 全体のバランスと正中からのバランスがだいぶ整ったのではないかと思います。ナチュラルな仕上がりで整形した感じもありませんね。

次のブログも頑張りますがまた遅くなるかもしれません。 気長にお待ちください。<(_ _)>

いっぱい溜まっちゃってるけど、、、腹部の脂肪吸引にしようかな。σ(^_^;)σ

料金とリスク
  • 目頭切開 250,000円
  • リスク:腫れ、内出血、左右差、一時的な結膜の充血、術後1週間眼脂がでやすい、顔の印象が変わる、傷が落ち着くまで目立つ
この記事は参考になりましたか?
ご相談があればお気軽にご来院ください

来院してご相談したい方はこちらからご予約ください

施術方法や料金について知りたい方はこちらをご覧ください

もっと症例を見たい方はこちらをご覧ください