Doctor blog
宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ 宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. 二重整形・目元整形の症例
  4. 二重の修正手術

二重の修正手術

二重の修正手術を行いました。

患者様は他院美容外科で上眼瞼のたるみにたいして、たるみ除去と眼瞼下垂の手術を受けられたそうです。ところが開瞼量や重瞼幅の左右差がひどく、かなり落ち込んで当院に来院されました。来院時の写真です。↓

 すぐになんとかしたかったのですが、術後1か月ぐらいとのことで、まだ腫れがあり、手が付けにくかったため、1か月ほど待ってもらいました。

 1か月半ほど経過すると腫れが落ち着いて全体像が明らかになってきました。左は挙筋前転が過剰で、右は逆に少ないことがわかります。また、閉眼時の状態ですが、

 左の方が、右に比べて大幅に二重の幅が広いことがわかると思います。これが開瞼抵抗になっていて右目がびっくり目に、左目が二重の広すぎる目になっているのです。

 修正は両側の重瞼幅を合わせること、前回の手術でできた瘢痕を取り除くこと、瞼を開ける筋肉(上眼瞼挙筋)の腱膜の前転を行い、左右での開瞼量の差をなくすことを目標に手術しました。

 術後3か月の状態です。左右差はほぼ改善してきれいな目になっていると思います。患者様はかなり喜んでおられました。修正手術はかなりの手術の力量が求められると思います。以前の手術でお困りのときはお気軽にご相談ください。最近では失敗ではないですが、二重の手術を行ったところ、食い込みが強く、何とかしたいという相談もふえています。

料金とリスク
  • 料金:眼瞼下垂症手術修正術 525,000円
  • リスク:腫脹、内出血、左右差、閉瞼障害、予定外重瞼線、肥厚性瘢痕
この記事は参考になりましたか?
ご相談があればお気軽にご来院ください

来院してご相談したい方はこちらからご予約ください

施術方法や料金について知りたい方はこちらをご覧ください

もっと症例を見たい方はこちらをご覧ください