Doctor blog
宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ 宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. 顔のリフトアップ
  4. フェイスリフト
  5. トータルフェイスリフト ミニ ~鼻翼基部が気になっている方へ~

トータルフェイスリフト ミニ ~鼻翼基部が気になっている方へ~

美容外科学会学術集会

9月下旬に美容外科学会(JSAPS)主催の学術集会が北海道の札幌で行われ、出席してきました。

学会では匠への道という特別企画でフェイスリフトの発表を行い、感謝状を頂きました。

自撮りですが、、こんな感じです。⇓⇓

学会で発表するのは時間と労力を要し大変なのですが、準備することで頭の中が整理されるのと、自分がやっていることが専門の先生方の評価を受け、いろんな角度からの意見を頂けるという面があり、継続しています。

今回はSMASを温存する術式(ラテラル スタッキング法)がメインの発表だったのですが、これをさらに磨いていこうと思いました。

なぜだか学会発表前後にフェイスリフトの問い合わせ増加がおこり、今月は1週間(5営業日)毎日予約を頂いている週もあります。

その中には8時間ぐらいかかる複合手術もあり、、、体調管理をきっちりして備えたいと思います。\٩( ‘ω’ )و //ファイ

トータルフェイスリフトミニ(4部位:側頭部+中顔面+下顔面+ネックのミニリフト)

今回のモニター様は30代女性で最初は鼻翼基部挙上を考えられていたそうですが、いろいろなクリニックに相談に行っている中である美容外科医が

”フェイスリフトで頬のお肉を外側に引くときれいになるよ。あなたはフェイスリフトが良いですね。”

とアドバイスをもらったそうです。

確かに鼻翼基部のくぼみが気になる場合はプロテや軟骨を移植して挙上することを考えてしまうのですが、頬の皮膚を外側に引いて外側の頬肉を平坦にしてしまおうというコンセプトがあってもよいと思います。

そこで詳細はわからないのですが、最終的に当院でフェイスリフトを受けられることになりました。

まずは術前の状態です。⇓

たるみはもともとあまりありませんが、ご本人としてはフェイスラインをスッキリさせたいのと、先ほどの鼻翼基部横の皮膚を外側に移動させるのと、ややたれ目で、まぶたの外側も垂れているので外側上方に引き上げてほしいとのご要望がありました。

今回は皮膚のたるみ具合と年齢的なことを加味してトータルフェイスリフトのミニを行うことにしました。

それでは、さっそく術後6か月の結果を見てみましょう。⇓

フェイスラインはシャープになり、少したれ目だった目の印象も改善しました。(目隠しでお見せできなくて申し訳ありません。)

また、肝心の鼻翼基部の横の頬は外側に移動して鼻翼基部がしっかり見えるようになったためか、鼻がきれいに見えるようになっています。

特に横顔で鼻の根本が良く見えるようになったのと、頬の皮膚の盛り上がりが平坦になったことで、鼻が高くなったように見えます。

顔面の中央を拡大して比較すると鼻がきれいになったのがよくわかります。 ↓

次に恒例の術後の腫れ具合の経過も載せておきます。⇓

トータルフェイスリフトのミニでもミニリフトであればダウンタイムは1週間ぐらいで、その後むくみがどんどん改善してモニター様の場合は3→6か月でさらに輪郭がしまっているのがお分かりいただけると思います。

何よりも若い方のフェイスリフトは輪郭が引き締まり小顔にみえるようになることに価値があると思っています。

最後に6か月経過時の傷跡をお見せします。

耳の前の傷はこのようにほぼ目立たなくなります。

一方、首の傷は頻度は低いですが、人によって少し盛り上がることがあります。この方の場合はとてもきれいに治癒しています。

それでは  ( ˆˆ ) マタッ

料金とリスク
  • 料金(税込):トータルフェイスリフトミニ  ¥1,210,000円
  • リスク:フェイスリフト:腫れ、内出血、血種、痛み、むくみ、一時的に皮膚の感覚が鈍くなる、一時的なツッパリ感、傷跡が残る、肥厚性瘢痕、ケロイド、耳の変形の可能性、左右差、術後早期の皮膚の凹凸、顔面神経障害、後戻り、耳介裏面のギャザー、もみあげが後退する、脱毛

来院してご相談したい方はこちらからご予約ください

施術方法や料金について知りたい方はこちらをご覧ください

もっと症例を見たい方はこちらをご覧ください