Doctor blog
宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ 宮益坂クリニック 院長青井の症例ブログ

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. 鼻の整形の症例
  4. 斜鼻の治療 術後1か月の経過

斜鼻の治療 術後1か月の経過

斜鼻の治療 ~鼻骨骨切り(内側、外側骨切り術)+鼻柱隔軟骨切除+鼻柱隔軟骨湾曲矯正~

 みなさんはオリンピックのチケットは当選しましたか?私は応募するのを忘れていました(笑)。次回募集があったらぜひ応募したいですね!

 オリンピックが近くなり、いろんなアスリートが注目されていますが、これまでとは次元の違うレベルの若い選手がたくさん出てきて驚きの連続です。サッカーの久保建英選手は本当に才能の塊のように感じます。銀河系軍団のレアルマドリードにいっても頑張ってほしいです。NBAに全体9位で指名された八村塁選手、おめでとうございます! 身長203㎝であの動きはなんなんでしょう。陸上のサニブラウン選手は自身のもつ100m 9秒97の日本記録を自分で更新しそうな勢いですね。大船渡高校の佐々木朗希投手は163㎞の球を投げるスーパー高校生ですが、これは日本のプロ野球界を含めても大谷翔平選手に次いで第2位の記録というのが凄すぎます。

 超一流選手は並外れた身体能力の高さだけでなく、メンタルの強さ、作戦を練る地頭のよさ、競技中の瞬時の判断力などを併せ持っていて、すばらしいです。

 今回紹介させて頂く症例は30代の男性で鼻が曲がっているのをまっすぐにしてほしいとのご要望で来院されました。鼻が曲がっているだけでなく、鼻づまりもありましたので、同時になおしてほしいとのことでした。鼻の曲がりは重度ではありませんが、鼻は顔の中心にあるので気になりだすと自分の中ではとても気になるのだと思います。このような治療の場合、大学病院では1週間から10日間の入院をして頂いていましたが、当院での手術はすべて日帰りで行っていますので治療も楽だと思います。

まず術前の写真です。↓

あごを上げたところ⇓

ちなみに、斜位と側面は⇓

CTを撮影すると鼻骨と鼻柱隔軟骨がともに曲がっていましたので、鼻骨の骨切り、オープンアプローチでの鼻柱隔軟骨の部分切除+Spreader graftと鼻柱隔延長を予定しました。骨切りのデザインはこのようにしました。↓

 

手術直後の写真です。骨切りまですると腫れ具合はこのぐらいになります。⇓

次に1週間後(抜糸時)の状態です。↓ 

1週間あれば人前にでてもおかしくない状態になります。この時点で鼻の通気は良くなったとのことでした。

次に1か月後の状態をお見せします。↓

鼻はまっすぐになり、鼻筋がきれいに出るようになりましたね。鼻骨骨切りを行い、鼻骨を幅寄せしているので鼻根部が少し細くなり全体的な印象が全然違います。

術前、術後1か月の斜位と側面、あおりの像を最後にお見せします。↓

鼻尖の位置は変えないようにしています。

鼻先は左右の軟骨を中央に縫合して少し細くし形を整えました。

治療して思ったのが、手術前は鼻に存在感があったのが、手術後は目立たなくなったということです。忘れ鼻という言葉がありますが、忘れられるぐらいで、あまり目立たず存在感がないのが顔全体としてはよい印象になるのだと改めて思いました。

次回は3か月検診の後にまたアップできたらと思います。

料金とリスク
  • 骨性斜鼻 500,000円
  • 骨性+軟骨性斜鼻  800,000円
  • リスク: 腫れ、内出血、痛み、低矯正、後戻り                        

記事一覧へ