Doctor blog
宮益坂クリニック Dr.青井の美容診療録 宮益坂クリニック Dr.青井の美容診療録

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. 症例紹介
  4. 埋没重瞼術の術後経過(10日間)

埋没重瞼術の術後経過(10日間)

ふるさと納税が6月から新制度になるようですね。私自身は一年以上ふるさと納税をしていないので関係ないのですが、新制度は返礼品の調達額が寄付金の3割以下の地場産品に限られるとのことです。もともと地元の産業を活性化させるという趣旨があったと思いますので本来の趣旨に立ち返ったという意味では良い流れだと思います。ただ、ふるさと納税の制度自体が特定の業者が潤うようになっており、税金を集める本来の趣旨を考えるとなんとも複雑です。都内では本来得られる住民税が入らなくなり待機児童問題などの問題解決に使えなくなる一方で、人気の地場産業がある地方は過剰に集金してちょっと贅沢な住民サービスが受けられるようになったという話なども聞きますのでそのあたりも総務省には調査してもらいたいものです。 

症例のご紹介に移ります。

モニター様は30代の女性で、埋没による二重手術を希望されて来院されました。以前に一度埋没法で二重手術を受けたとのことですが、だんだん緩んできて現在はアイプチやアイテープなどで二重を保っている状態でした。患者様のご要望は奥二重に近い二重で外側ですこし二重が見えるぐらいの感じで自然にしたいということでした。

今回は手術してから1週間ぐらいの詳細な経過を知りたい方も多いと思い、患者様の協力を得て自宅で毎日自分のまぶたを撮影して頂いました。この場を借りてご協力に御礼申し上げます。

まずは術前の状態です。↓

7㎜の重瞼ラインで埋没2点法(4点止め)を行いました。術直後の状態です。↓

術後1日目です。↓

以降順番に術後7日目までお見せします。↓

連続で見ていくと術後3日目まで腫れのピークが続き、4日目ごろから治まっていくのがわかります。

次は術後5日目です。このころから腫れが引いてきて手術の傷跡が目立たなくなってきています。↓

術後6日目ぐらいになると人前にでてもばれないレベルだと思います。

10日目に1回目の術後検診にお越しになられました。その時の状態がこちらです。↓

傷跡もほぼわからない状態になっています。

まだむくみがあり、完全には完成していませんが、ほぼ患者様が希望された感じなっていると思います。ちなみに完全に完成するには個人差があり、1-3ヵ月かかると思います。

もう一度術前から術後まで並べてみます。左上が術前でその下が術直後、その下が術後1-3日目となり、また2列目の上に戻って、術後4日目から7日目まで並んで、一番下が術後10日目です。目の形もきれいになっていることがわかると思います。

料金とリスク
  • 料金:埋没重瞼術 2点止め(4点止め) 80,000円(税抜き) 
  • リスク:腫脹、感染、内出血、重瞼幅が次第に狭くなる(糸のゆるみによる)、結紮した部分の皮膚が盛り上がる可能性、糸が透けて見える可能性、まぶたの一時的な違和感、糸が露出する可能性

記事一覧へ