Doctor blog
宮益坂クリニック Dr.青井の美容診療録 宮益坂クリニック Dr.青井の美容診療録

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. 症例紹介
  4. 切開重瞼術の傷跡の修正を希望されている方へ

切開重瞼術の傷跡の修正を希望されている方へ

切開重瞼術後の傷跡はどのようになるのか

最近、切開重瞼術を受けられた後で、傷が目立ってなんとかしたいという相談が続きましたので片目だけ切開で眼瞼下垂の手術を受けられた方の左右のまぶたの状態を比べてみて傷がどんな感じにまで治すことができるのかをお知らせしたいと思います。

写真の患者様は左だけまぶたが開きにくいので左だけ眼瞼下垂の手術をしてほしいと希望されました。そこで、左まぶただけ皮膚を切開して眼瞼下垂の手術を行いました。

術後3か月の閉瞼時の状態です。まだ傷は赤く、すこし目立っています。

術後5か月の状態です。この頃になると、傷の赤みはかなりおさまってきて目立たなくなります。この時点でも手術をしていない左まぶたと比べてあまり変わりないぐらいになっていますが、術後半年以上経過するとさらに赤みがなくなってほとんどわからないぐらいになっていきます。このぐらいの時間の経過が必要になります。丁寧な組織の扱いと縫合、そして十分な時間の経過が傷跡を目立たなくさせます。

ちなみに開瞼の左右差はどうなったかといいますと、

術前↓

術後5か月↓

二重と奥二重の違いはありますが。開瞼量(目の大きさ)の左右差は改善していると思います。

料金とリスク
  • 料金:眼瞼下垂症手術 210,000円 (片側)
  • リスク:腫脹、感染、傷の一時的なあかみ、肥厚性瘢痕、左右差、眉毛が少し下がる可能性、再手術の可能性

記事一覧へ